8月2日(木)、日本では20年ぶりの開催となる『世界女子ソフトボール選手権』が開幕します。ソフトボール・マガジンWEBでは、開幕までのカウントダウンも兼ねて、代表選手17名を1日1選手ずつ紹介してきましたが、今回がそのラスト! 大トリを飾るのは主将の山田恵里選手です。

※8月に世界選手権を控える女子日本代表
写真◎川口洋邦/ソフトボール・マガジン

山田恵里(日立/外野手)

卓越したセンスを持つソフトボール界随一の巧打者。五輪には上野由岐子とともにアテネ、北京と2大会に出場し、メダル獲得に貢献。今回の世界選手権では主将として日本代表チームをけん引する。

画像: 5大会連続で世界選手権への出場を決めた河野。走攻守で存在感を発揮したい 写真◎川口洋邦/ソフトボール・マガジン

5大会連続で世界選手権への出場を決めた河野。走攻守で存在感を発揮したい
写真◎川口洋邦/ソフトボール・マガジン

【プロフィール】(1)外野手(2)日立(3)1984.3.8生(4)左投左打(5)165cm59kg(6)神奈川(7)厚木商業高(8)04オ、06世、08オ、10世、12世、14世、16世

【プロフィールの見方】(1)守備位置(2)所属チーム(3)生年月日(4)投打(5)身長体重(6)出身地(7)出身校(8)主な日本代表歴[オ=オリンピック、世=世界選手権、Jr=世界ジュニア選手権]

This article is a sponsored article by
''.