※優勝した神戸スポーツ少年団と日本ティーボール協会の吉村正理事長
写真◎日本ティーボール協会

優勝は神戸スポーツ少年団

 去る7月23日、埼玉県所沢市のメットライフドームにて『第21会全国小学生(3・4年生)ティーボール選手権大会が開催された。

 参加資格は同一地域の小学校3・4年生(男女混合でも可)で編成したチームで、全国から32チームが集い、優勝を争った。

 決勝は、神戸スポーツ少年団(三重)と託麻フェニックス少年野球クラブ(熊本)。11-6で神戸スポーツ少年団に軍配が上がった。

画像: ※選手宣誓をする高松ラビッツ(香川)の選手 写真◎日本ティーボール協会

※選手宣誓をする高松ラビッツ(香川)の選手
写真◎日本ティーボール協会

画像: ※ティーボールの試合風景 写真◎日本ティーボール協会

※ティーボールの試合風景
写真◎日本ティーボール協会

This article is a sponsored article by
''.