※7月30日に結団式に参加した女子日本代表17名の戦士たち
写真◎ソフトボール・マガジン編集部

世界16カ国・地域が参加

 本日8月2日、『第16回世界ソフトボール選手権』がいよいよ開幕する。開催国の日本をはじめ、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北中米、オセアニアという各大陸の予選を通過した16カ国・地域が千葉に集結。今大会の優勝チームには、2年後に行なわれる東京五輪への出場権が与えられるとあって(東京五輪開催国の日本が優勝した場合は、準優勝チームに)、その戦いに注目が集まる。

 大会は、16チームを2つのグループに分けて1回総当たり戦を行う。8月2日の時点で世界ランキング2位の日本が入るグループBには、同3位のカナダ、同4位のオーストラリアがおり、予選から気の抜けない戦いが続きそうだ。下位チームと対戦する予選前半戦を余裕を持って勝ち進み、8月7日のカナダ戦、8日のオーストラリア戦に万全の体制で臨みたいところだ。

 逆側のグループAで注目したいのは、世界ランキング1位のアメリカと同5位のチャイニーズ・タイペイ。特に日本の最大のライバルであるアメリカは、近年は若手を主体にチームを組んでいたが、今大会では日本リーグのトヨタ自動車でも活躍するモニカ・アボット(北京五輪代表)が代表復帰を果たすなど、そのチーム構成から本気度が伺える。

上野&山田がけん引する日本

 日本代表の軸となるのは、絶対的エース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)と天才打者と評される山田恵里(日立)。ともに、2004年のアテネ五輪、08年の北京五輪を戦い、長く日本の女子ソフトボール界をけん引してきた。今大会でも、経験豊富な彼女たちがプレーでチームを引っ張っていくことが期待される。

 また、彼女たちと同世代の河野美里(太陽誘電)、そして中堅世代となる山本優(ビックカメラ高崎)、藤田倭(太陽誘電)らがその脇を固める。投手の濱村ゆかり、勝股美咲(ともにビックカメラ高崎)など楽しみな若手も多い。

 前回大会はアメリカに敗れて準優勝に終わったが、02年に開催された第10回大会以降、世界選手権の優勝はアメリカと日本で分け合ってきた。今大会が20年ぶりの自国開催となる日本が目指すのは、もちろん世界の頂点だ! 

画像: 8月1日の記者会見に集まった世界16カ国・地域の選手たち。後列左から2番目が日本の主将・山田。会見では、「ここにいるすべてのチームと力をあわせて、見てくださる方々に心がアツくなる試合をしていきたいと思っています」と話した 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

8月1日の記者会見に集まった世界16カ国・地域の選手たち。後列左から2番目が日本の主将・山田。会見では、「ここにいるすべてのチームと力をあわせて、見てくださる方々に心がアツくなる試合をしていきたいと思っています」と話した
写真◎ソフトボール・マガジン編集部

世界選手権情報は、発売中のソフトボール・マガジン9月号で!

 上野由岐子選手×山田恵里選手の対談、宇津木麗華監督のインタビュー、代表選手17名名鑑、観戦ガイドなど、盛りだくさんの内容となっています。

This article is a sponsored article by
''.