※ボツワナに20-0で3回コールド勝ちを収めた日本代表
写真◎榎本郁也

5本塁打20得点で大勝

 8月3日、千葉県成田市のナスパ・スタジアムにて世界選手権の第2戦(対ボツワナ)が行われた。

 前日のイタリア戦からメンバーを大きく入れ替えて戦いに挑んだ日本は初回、五番・長﨑望未の中越え3ランで先制。一番・河野美里の右前2点適時打、四番・山本優の左越えソロ本塁打などで4点を追加した。

 さらに3回には、九番・川畑瞳、二番・市口侑果、五番・長﨑から本塁打が飛び出し、この回、13得点の猛攻。投げては、世界選手権デビューの18歳・勝股美咲が3回を無失点。ボツワナを20-0の3回コールドで下した。

画像: 初戦のイタリア戦から一つ打順を挙げて五番に座った長﨑。先制3ラン、ダメ押しの3ランと大当たりだった 写真◎榎本郁也

初戦のイタリア戦から一つ打順を挙げて五番に座った長﨑。先制3ラン、ダメ押しの3ランと大当たりだった
写真◎榎本郁也

 第3戦の相手は中国。今夜19時にプレイボールだ! 

世界選手権情報は、発売中のソフトボール・マガジン9月号で!

 上野由岐子選手×山田恵里選手の対談、宇津木麗華監督のインタビュー、代表選手17名名鑑、観戦ガイドなど、盛りだくさんの内容となっています。付録はSOFT JAPANステッカーです!

画像: 世界選手権開催記念のSOFT JAPANステッカー

世界選手権開催記念のSOFT JAPANステッカー

This article is a sponsored article by
''.