※世界ソフトの解説を務める山根佐由里さん
写真◎榎本郁也

 8月2日(木)から12日(日)まで、千葉県で開催されている『第16回世界女子ソフトボール選手権』。ソフトボール・マガジンWEBでは、テレビ東京で解説を担当する山根佐由里さん(元日本代表)に、各試合を振り返っていただきます。本日は第2戦のボツワナ戦です。

ポイント(1)5本塁打20得点の打撃

 初回に簡単に2アウトを取られて嫌な雰囲気も漂いましたが、相手失策に助けられながら三番・洲鎌夏子選手、四番・山本優選手がつないで五番の長﨑望未選手が初球をとらえて3ラン。

 2回以降もしっかりと打線がつながり、ピッチャーが代わっても日本らしく積極的な攻撃ができていました。また、昨日打てなかった選手にもヒットが出ていたので、これで波に乗っていけると思います。

 相手投手はスピードはありませんでしたが、緩急を使ったり、ライズなどの変化球も交えてきました。日本選手は、相手のデータがないなかで見極めるのが大変だったと思いますが、しっかりと対応できていたと思います。

ポイント(2)世界選手権デビューの勝股が完封

 勝股美咲選手は初先発ですごく緊張していたと思いますが、先輩たちに初回に3点をもらって気持をラクに投げることができたのではないでしょうか。

 一番打者に打たれた後に守備でもたついた場面もありましたが、三番打者からはライズを上手につかってバットに当てさせなかった。インコースもしっかり突いていましたし、いつもどおりの攻めのピッチングができていたと思います。三番打者をしっかりと三振に仕留めたことが、自信になったのかもしれませんね。

 フォームにも徐々に躍動感が出てきて、回を追うごとによくなっていった印象です。結果的に打たれたのは1本だけ。取りたいところで三振も取れていたので良かったです。

ポイント(3)まとめ

 初戦のイタリア戦はベテランが活躍して、第2戦では若手が活躍。若手とベテランが融合した良いチームになっていっていると感じます。若い選手たちはアピールするチャンスですから、頑張ってほしいですね。

今夜の中国戦の見どころ!

 今夜日本は、オーストラリアを1-0で破った中国と対戦します。アジアでは長年のライバルチームですし、中国も日本には負けたくないという思いがあると思います。昨日のボツワナ戦とは違った競った試合展開になるのではないでしょうか。

 中国にはアメリカのプロリーグに参戦している選手もいますし、しっかと守りながら積極的に打っていくことで勝機を見いだしてほしいです。先取点を取ることができるか、一つのチャンスをしっかりとものにできるか、そこらへんが大切になってくると思います。

This article is a sponsored article by
''.