※世界ソフトの解説を務める山根佐由里さん
写真◎榎本郁也

 8月2日(木)から12日(日)まで、千葉県で開催されている『第16回世界女子ソフトボール選手権』。ソフトボール・マガジンWEBでは、テレビ東京で解説を担当する山根佐由里さん(元日本代表)に、各試合を振り返っていただきます。本日は第3戦の中国戦です。

ポイント(1)要所を締めた投手陣

 先発の上野由岐子選手は、立ち上がりは良くありませんでしたが、悪いなりに要所を締めるピッチングを見せていたと思います。4回も四死球で一瞬乱れ、試合の流れが変わりかけましたが、すぐに立ち直りました。

 ご本人も「ランナーを出したとしても、その後をしっかり抑えれば大丈夫」とよく言われているので、そのとおりのピッチングをされていて、さすがだなと思いました。あそこで点を取られたら試合展開もガラッと変わっていた可能性があったので、0点に抑えられて良かったです。

 藤田倭選手に関しては、安打は1本打たれましたが、上野選手同様に締めるところは締めていました。変化球を使って空振りも取れていたので、調子は良いと思います。

ポイント(2)序盤で攻め立てた打線

 やはり、山田恵里選手は大事なところで打ってくれますね。中国戦は先取点をどうとるかがポイントだったので、山田選手の二塁打を足場に初回に点を取れたことは大きかったです。

 あそこで、二番に入っている市口侑果選手がすごく良い仕事をしているんです。二塁打で出塁した山田選手を一発で送っています。これまでの試合を振り返ってみても、状況によってつないだり、安打を打ったり、その活躍が勝利につながっています。

 2回の山田選手の2ランですが、山田選手の前に洲鎌夏子選手が四球で出塁していたのも大きかったです。洲鎌選手の前が2者連続三振で、あのまま2人で終わっていたら1-0のまま拮抗した試合になっていたかもしれません。その直後に上野選手が3人で仕留めて流れが完全に日本にきたので、2回の攻撃は第3戦の大きなポイントになりました。

今夜のイギリス戦の見どころ!

 世界ランクは14位と低いけれど、ソフトボールは戦ってみなければ分かりません。昨日、日本が勝利した中国には0-1と良い試合をしていているので、チーム一丸となって勝ってほしいですね。

This article is a sponsored article by
''.