※世界ソフトの解説を務める山根佐由里さん
写真◎榎本郁也

 8月2日(木)から12日(日)まで、千葉県で開催されている『第16回世界女子ソフトボール選手権』。ソフトボール・マガジンWEBでは、テレビ東京で解説を担当する山根佐由里さん(元日本代表)に、各試合を振り返っていただく。本日は第4戦のイギリス戦です。

ポイント(1)藤田倭の好投

 先発の藤田倭選手は、立ち上がりからストライク先行のピッチングを見せていたので調子の良さを感じました。その前の中国戦でもボールがすごく走っていて、キレも良かった。投げるたびに調子が上がってきている印象です。

 積極的に振ってくるバッターが多い中で、甘い球がなく、しっかりとコーナーも突いていましたし、変化球も良いところに出し入れができていました。野手が好守で盛り立ててくれていたので、投げやすかったのではないでしょうか。

 全体的にテンポが良かったですし、変な間もまったくなくて、主導権を持って投げられていましたね。良いときの藤田選手のピッチングでした。

ポイント(2)四番の一発

 不動の四番と言われる山本優選手が役割をしっかり果たしてくれました。頼りになる、日本打線になくてはならない存在です。全部で6点取れたことは良かったですが、2回途中から登板したエースのジョルジーナ・コリックからもう少し点を奪いたかったですね。特に2回の満塁のチャンスでもう少し追加点が取れたら。

 そして藤田選手。第1戦、2戦でヒットが出ていなくてもどかしい気持ちがあったと思いますが、第3戦の中国戦でようやく初ヒットをマーク。バッティングが乗ってきたタイミングで大会初ホームランが出て言うことないですね。まだまだ上がってくると思います。

まとめ

 最終回の先頭バッターにフォアボールを出して、その後に内野安打。嫌な流れの中、次のバッターに初球を打たれてノーアウト満塁のピンチ。一打出たら試合がひっくり返ってしまうかもしれない流れでしたが、次の四番打者の打球をファーストがうまく処理しました(本塁フォースアウト)。ホームゲッツーは取れませんでしたが、あそこで外野に抜けなかったのは大きかった。

 その後は二者連続三振。固い守備と藤田選手の粘りのピッチング勝ちでしたね。これからカナダ、オーストラリアとの戦いが待っていますが、日本は上野選手だけではないというところを、各国にも印象付けられたと思います。

今夜のベネズエラ戦の見どころ!

 ベネズエラとは7月のUSAインターナショナルカップで対戦して、8-0の5回コールド勝ちを収めています。勝股美咲投手が12奪三振の素晴らしいピッチングをしました。今日は誰が投げるか分かりませんが、若手にチャンスがまわってくる可能性もあるので、活躍にも期待したいです。

This article is a sponsored article by
''.