※予選でいきなり2年ぶりの自己ベストをマークした寺村
写真◎毛受亮介/スイミング・マガジン

 競泳のパンパシフィック選手権3日目の予選が終了した。

 この日の予選が大会7レース目となった池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)は「前日の8継(800mフリーリレー)で筋肉痛になった」とは言うもの、メイン種目の100mバタフライで56秒90の大会新で1位通過を果たした。「56秒台を出したいと思っていたし、(予選なのに)リオ五輪の決勝記録より0秒1遅いだけの記録だったことがよかった」と、冷静に分析しつつ、決勝への期待を膨らませた。

画像: 今大会7レース目でも高いレベルの泳ぎを続ける池江 写真◎毛受亮介/スイミング・マガジン

今大会7レース目でも高いレベルの泳ぎを続ける池江
写真◎毛受亮介/スイミング・マガジン

 もう一人、リオ五輪代表の寺村美穂(セントラルスポーツ)は200m個人メドレーで2年ぶりの自己ベスト更新となる2分9秒86の大会新で1位通過。全米選手権を制したキャスリーン・ベイカーの隣のコースで泳いだ寺村はバタフライでトップラップを奪うと、得意の平泳ぎでリードを広げ、そのまま逃げ切った。「これまで取り組んできた、前半を楽に速く、がうまくでき、得意の平泳ぎにつなげている。ただ、予選からまさか自己ベストは思っていなかった」と、好記録に驚きを隠さなかった。

日本選手の全予選成績は以下の通り。

★本日の日本選手予選結果
▼女子400m自由形
小堀倭加(湘南工大附高3年)4.10.78/8位
五十嵐千尋(テイクアンドギヴ・ニーズ)4.13.14/11位 ※決勝へ
森山幸美(日本体育大4年)4.18.80/17位 ※B決勝へ
▼男子400m自由形
江原騎士(自衛隊体育学校)3.50.17/7位
竹田渉瑚(オーエンス)3.52.23/11位 ※決勝へ
山本耕平(ミズノスイムチーム)3.54.84/14位
平井彬嗣(郵船ロジスティクス)3.55.38/16位
▼女子100mバタフライ
池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)56.90/1位
相馬あい(中京大3年)58.70/9位 ※決勝へ
山根優衣(セントラルスポーツ)59.41/11位
長谷川涼香(日本大1年/東京ドーム)59.52/12位
持田早智(日本大1年/ルネサンス幕張)59.68/13位
▼男子100mバタフライ
小堀勇氣(ミズノスイムチーム)52.23/6位
矢島優也(明治大4年/スウィン大宮)52.86/10位 ※決勝へ
塩浦慎理(イトマン東進)53.33/16位
幌村 尚(早稲田大2年)53.48/17位 ※B決勝へ
▼女子200m個人メドレー
寺村美穂(セントラルスポーツ)2.09.86/1位
大橋悠依(イトマン東進)2.10.23/3位
清水咲子(ミキハウス)2.11.90/7位 ※B決勝へ
▼男子200m個人メドレー
萩野公介(ブリヂストン)1.57.60/2位
瀬戸大也(ANA)1.58.50/5位
藤森太将(木下グループ)1.58.78/6位 ※B決勝へ
溝畑樹蘭(明治大2年/コナミスポーツ)2.01.57/12位

This article is a sponsored article by
''.