※世界ソフトの解説を務める山根佐由里さん
写真◎榎本郁也

 8月2日(木)から12日(日)まで、千葉県で開催されている『第16回世界女子ソフトボール選手権』。ソフトボール・マガジンWEBでは、テレビ東京で解説を担当する山根佐由里さん(元日本代表)に、各試合を振り返っていただく。日本は予選を7戦全勝で決勝トーナメントに進出。本日は準決勝のアメリカ戦です。

ポイント(1)打線がアボットを攻略

 1点差のゲームを予想していましたが、一番の山田恵里選手が安打で出て、四番の山本優選手が先制弾。ひょっとしたら、このままいけるんじゃないかという初回の攻撃でした。モニカ・アボット投手をしっかりと攻略できているなと感じました。

 アメリカのエースを攻略できたのはすごく大きいです。アボット投手は、前日のオーストラリア戦で完投したからか、いつもよりキレがありませんでした。暑い中で試合をこなしてきたことで、疲れがたまっていたのかもしれません。

ポイント(2)バッテリーの成長

 ホームランを打たれたオーブリー・ムンロは八番、ケルシー・スチュワートは九番。二人とも下位打線ですから、本当にスキのない恐い打線ですね。

 対して、藤田倭投手はホームランを打たれて失点しましたが、大事な場面を最少失点で切り抜け、着いて投げていました。表情もすごく良かったと思います。

 我妻悠香捕手も、昨日は打線に入っていなかったので、今までにないキャッチャーの動きもしていました。バッテリーですごく対策を練ってきたのが伝わってきた試合でした。バッテリーはすごく頭を使ったゲームだったと思います。

 アメリカとの試合は勝っても負けても収穫があるので、昨日の試合を経験したことでチーム力、バッテリー力は絶対に上がったと思います。

今夜のカナダ戦(3位決定戦)の見どころ!

 カナダとは予選リーグで戦い2-0で勝利しましたが、打ち崩したというよりも相手エラーから点をもらった形です。カナダ打線は決勝トーナメントに入ってから調子がすごく良いので、気を付けなければいけません(プエルトリコに10-4、オーストラリアに12-0)。

 ポイントは、当たりの出ている上位打線に気を付けること。あとは下位打線で確実にアウトを取って、上位に回ってくるまでに走者をためないこと。バッテリーには強気で攻めていってほしいですね。

 予選ではジェナ・カイラのチェンジアップに苦戦しましたし、チャンス多くはないと思いますが、日本らしく全力プレーで試合を展開していってほしい。そして、カナダに勝利して、決勝でアメリカにリベンジしてもらいたいです!

This article is a sponsored article by
''.