◇代表チーム、初の選抜編成による挑戦

  第9回フラッグフットボール世界選手権大会(国際アメリカンフットボール連盟=IFAF主催)は、8月12日、パナマの首都パナマ市で最終日を迎えた。男女ともに今回から、単独チームの派遣でなく、トライアウトによる選抜チームを編成した日本代表は、男子が10カ国中8位、女子が11カ国中7位で大会を終えた。

画像: 第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 女子決勝トーナメントの結果

第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 女子決勝トーナメントの結果

 男女とも予選リーグをブロック4位で通過した日本代表は、優勝の可能性を残し決勝トーナメントにコマを進めた。男子は決勝トーナメント1回戦で強豪メキシコ相手に20-7で折り返しながら、後半に逆転され20-21で惜敗。5位の可能性を残してカナダと対戦したが14-31で敗れると、続く7位決定戦では地元パナマに33-60で敗れた。女子は決勝トーナメント1回戦で強豪アメリカと対戦し、6-46で敗戦。しかし7位決定戦でデンマークを32-27で破って7位となった。

 男子決勝はオーストリアとアメリカの顔合わせとなり、アメリカが19-13で勝って大会3連覇、オーストリアが2位となった。女子決勝は地元パナマとアメリカが対戦、アメリカが27-12でパナマを破って、初の王者となった。

画像: 第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 男子決勝トーナメントの結果

第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 男子決勝トーナメントの結果

画像: 第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 男子・女子日本代表メンバー

第9回IFAFフラッグフットボール世界選手権 男子・女子日本代表メンバー

This article is a sponsored article by
''.