2018年のBBMカードも皆様のおかげで7月までに12球団のチームパックがすべてリリースされて、「後半」を迎えています。

それぞれの制作ディレクターの思いをお届けする連載をこのBBM WEBで掲載してきましたが、いかがでしたか?

続いては、昨年も大好評だったあのアンケートを実施!

「スポーツカードミント」店長の皆様に、チームパックのベストカードを聞いてみました。制作スタッフとはまた違った視点で見た「BBMチームパック2018」は一体どんなものだったのか。

ぜひじっくり読んで、コレクションの参考にしていただけるとうれしいです!

連載第2回は、サブセット編をお届けします。

☆アンケートに回答してくれた皆様☆
札幌店・岩本充弘店長、仙台店・阿部悠樹店長、千葉店・藤池雄一郎店長、
浦和店・酒井裕之店長、池袋店2階・鹿児島伸一店長、神田店・田村亮一店長、
新宿店・足立卓朗店長、渋谷店・中川良太店長、吉祥寺店・柴田哲平店長、
立川店・高橋高弥店長、横浜店・五十嵐直樹店長、梅田店・川口博之店長、
三宮店・河野公宜店長、福岡店・林田健一店長
ご協力ありがとうございました。

〈アンケート方法〉
「レギュラーカード」「サブセット」「インサート」「スペシャルインサート」について、それぞれ1位から3位を選出してもらいました。その上で、総合的に「ベストカード」を1枚、選んでいただきました。

これぞ制作サイドのこだわり
そして、インスタ映え?

 監督と支配下登録選手全員が登場するレギュラーカードに対して、企画カードとしてのサブセットはセンスが勝負。担当ディレクターとデザイナーの腕が試されるカードと言っていい。登場する選手についてはもちろん、その背景にあるディレクター陣の「物語」までをも想像して楽しんでもらえると編集者冥利に尽きる。

 サブセットは種類も多いので投票がバラけたが、気になるコメントを中心に紹介していこう。

 ここでも高評価を連発したのが巨人。中でも若手のコンビネーションカードとなった「YOUNG SYNERGY」の人気が高かった。

「若手二人の重なる写真は背景がインパクトありかっこよかった」とは渋谷店の中川店長。梅田店の川口店長は「画像サイズや文字サイズのバランスも良く、球団カラーのオレンジを使用していることも好感が持てる」、そして浦和店の酒井店長には制作サイドが大喜びするコメントを寄せてくれた。

「雲、きれい! ポスターにして部屋に飾りたくなるデザイン」

画像: 18BBM巨人 G80 吉田尚輝&岡本和真

18BBM巨人 G80 吉田尚輝&岡本和真

 同様に高い評価が続いたのがDeNA。同じく若手をピックアップした「Young Guns」でも、立川店の高橋店長がうれしいコメントを。「見た目の格好良さは断トツ。選手が文字の一部に挟まれている“だまし絵”のような立体的デザインに、制作担当のこだわりを感じました」。そう、その通りなんです!

画像: 18BBM DeNA DB74 京山将弥

18BBM DeNA DB74 京山将弥

 オリックスも負けてはいない。「Bs UNIVERSE」であしらった宇宙の背景デザインが目についたよう。神田店の田村店長はシンプルに「宇宙が素敵」。そして千葉店の藤池店長は、「レギュラーカード同様に写真のダイナミックさがすごくかっこいいと思います。今年のクロスブランドのデザインに負けず劣らずエキセントリックな背景がより写真を引き立てており、いまはやりのインスタ映えしそうに思います(笑)」とまで語ってくれた。

画像: 18BBMオリックス Bs73 金子千尋

18BBMオリックス Bs73 金子千尋

クロスブランドに「新種」登場
アメコミ風デザインも健在!

 ここまでに紹介したカードは比較的「王道」を行くコンセプトやデザインだったが、これまでにあまりないような工夫を組み込んだサブセットにもコメントが集まっている。

 特徴的だったのは、ソフトバンクの「HAWKS HISTORY」。

 複数の商品にまたがって封入される「クロスブランド」は、チームパックではインサートの「PHANTOM」やクロス直筆サインカードで展開しているが、ソフトバンクだけはまた別のスタイルを採用した。それが「HAWKS HISTORY」というわけ。

 今年は「ホークス80周年」としてソフトバンクが大々的にキャンペーン、そこでBBMカードでも3月に「ホークス80周年ベースボールカード」をリリースした。このアイテムで展開したサブセットを、チームパックにも登場させようという新たなクロスブランド戦略となった。

 このコンセプトが受け入れられたのがうれしい。浦和店の酒井店長が「別ブランドとクロスして封入されているところが良い。歴史やレジェンド紹介こそがサブセットの王道に思えます。シンプルなデザインは、レトロ感のある写真とマッチして好みです」と言えば、池袋店2Fの鹿児島店長も「ホークス80周年カードに封入されていた同サブセットの継続カードをこちらの商品へ封入したのは良かったと思います。ホークスの歴史を振り返る事ができる80周年記念に相応しい企画カードだったと思います」と続けた。

画像: 18BBMソフトバンク HH18 さらば大阪球場

18BBMソフトバンク HH18 さらば大阪球場

 過去と現在の邂逅という点では、ヤクルトの「Welcome Back」にもスポットライトが当たった。青木宣親の過去の写真とMLBを経由して帰ってきた現在の写真を組み合わせ、「打」「守」「走」の3種で構成されたシリーズ。吉祥寺店の柴田店長が「移籍する前の写真といまの写真を組み合わせているところが特にいい」と言及してくれた。

画像: 18BBMヤクルト S73 青木宣親

18BBMヤクルト S73 青木宣親

 ここ数年、密かな人気を呼んでいるのがポップなデザイン。三宮店の河野店長が「アメコミ風デザインで、まさにインパクトがあって好きです」と評してくれたのがロッテの「FIRST IMPACT」で、梅田店の川口店長が「アメコミ風のデザインが面白い」と話したのはオリックスのコンボカード。しっかりチェックしてくれたのはうれしい限りだ。

画像: 18BBMロッテ M73 ドミンゲス

18BBMロッテ M73 ドミンゲス

画像: 18BBMオリックス Bs70 田嶋大樹&K-鈴木

18BBMオリックス Bs70 田嶋大樹&K-鈴木

▶▶▶▶▶連載第3回へつづく

This article is a sponsored article by
''.