※アジア大会競泳競技の会場となっているGBKアクアティックセンター
写真◎小山真司/スイミング・マガジン

 ジャカルタ・アジア大会競泳競技2日目が行なわれ、日本代表は女子50mバタフライと100m自由形で池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)、女子200m平泳ぎで渡部香生子(早稲田大4年/JSS立石)が優勝、また男子800mフリーリレーも制し、金4、銀3、銅1の計8個のメダルを獲得した。

★本日の優勝者と日本選手決勝結果

▼男子800m自由形
[1]孫   楊(中国)7.48.36
[2]竹田 渉瑚(オーエンス)7.53.01
[4]山本 耕平(ミズノスイムチーム)7.59.60
▼女子50mバタフライ
[1]池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)25.55
▼男子50m背泳ぎ
[1]徐 嘉 余(中国)24.75
[2]入江 陵介(イトマン東進)24.88
▼女子100m自由形
[1]池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)53.27
[4]青木 智美(あいおいニッセイ同和損害保険)54.58
▼男子200m個人メドレー
[1]汪   順(中国)1.56.52
[2]萩野 公介(ブリヂストン)1.56.75
[4]瀬戸 大也(ANA)1.57.13
▼女子200m平泳ぎ
[1]渡部香生子(早稲田大4年/JSS立石)2.23.05
[3]青木玲緒樹(ミキハウス)2.23.33
▼男子800mフリーリレー
[1]日本7.05.17
江原騎士、坂田怜央、萩野公介、松元克央

This article is a sponsored article by
''.