アメリカンフットボールの秋季シーズン開幕を週末に控え、8月21日に東京都内で、関東学生アメリカンフットボール連盟と日本社会人アメリカンフットボール・Xリーグが、恒例となった合同の記者発表会を開いた。学生15チーム、社会人12チームの、監督・ヘッドコーチ・主将らが、フィールドでの熱い闘いを誓い合った

画像: リーグ戦に向け、抱負を語る関東トップ8 早稲田大学の斉川主将(前列左)=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

リーグ戦に向け、抱負を語る関東トップ8 早稲田大学の斉川主将(前列左)=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

学生は関東TOP8から、今季欠場となる日本大学を除いた7校の、BIG8からは8校の、監督・ヘッドコーチと主将らが参加した。Xリーグは東・中地区12チームの、監督・ヘッドコーチらチームの代表が参加した。

Xリーグは会見の前に、2019年からの上位8チームによるトップリーグ化を含めた「リーグ改編」も発表された。

画像: リーグ戦に向け、抱負を語る関東BIG8 桜美林大学の関口ヘッドコーチ=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

リーグ戦に向け、抱負を語る関東BIG8 桜美林大学の関口ヘッドコーチ=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

日本のアメリカンフットボールは、8月24日(金)の立命館大学対神戸大学(エキスポフラッシュフィールド)のゲームで関西学生リーグがスタート。全国8地区の大学リーグが、全日本選手権・甲子園ボウルを目指して戦われる。関東では、TOP8が9月1日(土)の中央大学対慶應義塾大学(アミノバイタルフィールド)戦で、BIG8が9月7日(金)の国士舘大学対駒澤大学(日本体育大学深沢)戦で、それぞれ開幕する。

社会人のXリーグは8月25日(土)にアサヒビール対電通(富士通スタジアム川崎)で開幕する。

画像: 来季からの新編成リーグも発表となり、開幕に向けて、健闘を誓い合うXリーグ東・中地区のヘッドコーチ・監督ら=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

来季からの新編成リーグも発表となり、開幕に向けて、健闘を誓い合うXリーグ東・中地区のヘッドコーチ・監督ら=2018年8月21日、撮影:Yosei Kozano

This article is a sponsored article by
''.