※アジア大会競泳競技の会場となっているGBKアクアティックセンター
写真◎小山真司/スイミング・マガジン

 ジャカルタ・アジア大会競泳競技6日目(最終日)が行なわれ、日本代表は女子50m自由形で池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)、男子50m平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)が優勝。男子400mメドレーリレーは日本記録を更新したもののアジア新記録を樹立した中国に僅差で敗れ2位となり、日本は金2、銀2、銅2の計6個のメダルを獲得した。6日間合計のメダル数は金19、銀20、銅13の計52個だった。

★本日の優勝者と日本選手決勝結果

▼女子50m自由形
[1]池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)24.53
[4]山本茉由佳(日本大1年/ルネサンス)25.45
▼男子50m平泳ぎ
[1]小関也朱篤(ミキハウス)27.07
[8]瀬戸 大也(ANA)28.00
▼女子400m自由形
[1]王簡嘉禾(中国)4.03.18
[3]五十嵐千尋(テイクアンドギヴ・ニーズ)4.08.48
[4]小堀 倭加(湘南工大附高3年)4.11.69
▼男子1500m自由形
[1]孫   楊(中国)14.58.53
[4]竹田 渉瑚(オーエンス)15.17.13
[5]平井 彬嗣(郵船ロジスティクス)15.24.26
▼女子200m個人メドレー
[1]キム・ソヨン(韓国)2.08.34
[2]大橋 悠依(イトマン東進)2.08.88
[3]寺村 美穂(セントラルスポーツ)2.10.98
▼男子400mメドレーリレー
[1]中国3.29.99◎アジア新
[2]日本3.30.03◎日本新
入江陵介、小関也朱篤、小堀勇氣、塩浦慎理

This article is a sponsored article by
''.