後半に菅原が待望の先制点を奪い、歓喜の輪を作る 写真◎サッカーマガジン

■2018年9月3日 練習試合
U-19日本代表 2-0 U-19ベトナム代表
得点者:(日)菅原由勢、三國ケネディエブス

前半の出来には課題

 9月3日、影山雅永監督が率いるU-19日本代表が、千葉県内でU-19ベトナム代表と練習試合を行なった。後半に菅原由勢と三國ケネディエブス(青森山田高 ※トレーニングパートナーのためメキシコ遠征には帯同しない)がゴールを決め、2-0で勝利を挙げた。前半はベトナムの素早いプレスに苦しみ、攻撃が停滞するも、後半にセットプレーで得点チャンスを創出。久保がキッカーを務めたFKとCKから1点ずつを挙げた。

 週末に行なわれたJリーグで出場時間の少なかった選手を中心に構成されたメンバーで臨んだ一戦。4-4-2のフォーメーションを用い、GKは大迫敬介、DFは右から川井歩、菅原、阿部海大、荻原拓也、MFは右から久保建英、齊藤未月、山田康太、堀研太、FWは安藤瑞季と田川亨介がスターティングメンバーに名を連ねた。

「自分の本来のポジションでないところで出た選手が何人かいたり、タイプが似た選手同士になってしまったところは否めないが、動きながら、ファーストタッチで相手を外すような工夫がない前半だった」と、指揮官は無得点に終わった前半戦の出来について苦言。それでも、後半は「それぞれの選手が苦しい時間帯でもコミュニケーションを取りながら、守備を立て直していたところは素晴らしかった。自分たちで合わせながら修正していける能力は日本人らしさ。個の力でボールを奪うところも、90分間の中で改善できたと思う」(影山監督)と、手応えをつかんだようだ。

 ベトナムに勝利したU-19日本代表は、この翌日にメキシコ遠征に向けて日本を発つ。遠征先では、ブラジルやメキシコなど強豪との対戦が待ち受けている。

「願ってもない対戦相手ですよね。まずは守備でバランスを崩さずに、失点をしないこと。メキシコ、ブラジルという強国を相手に(U-19日本代表の実力を)試してみたい」(影山監督)

 いよいよ来月に迫った『AFC U-19選手権インドネシア2018』に向け、着々と準備を進めるU-19日本代表。2大会連続でのFIFA U-20ワールドカップ出場権が懸かる重要な大会を前に、同世代の強豪チームとの“腕試し”に臨む。

取材◎小林康幸

U-19日本代表メキシコ遠征メンバー
(選手名・所属)
▼GK
大迫 敬介(広島)
若原 智哉(京都)
谷 晃生(G大阪)
▼DF
橋岡 大樹(浦和)
川井 歩(広島)
阿部 海大(岡山)※
荻原 拓也(浦和)
石尾 崚雅(C大阪U-18)
瀬古 歩夢(C大阪U-18)
菅原 由勢(名古屋U-18)
東 俊希(広島ユース)
▼MF
齊藤 未月(湘南)
堀 研太(横浜FM)
伊藤 洋輝(磐田)
郷家 友太(神戸)
山田 康太(横浜FM)
滝 裕太(清水)
平川 怜(FC東京)
▼FW
田川 亨介(鳥栖)
原 大智(FC東京)
安藤 瑞季(C大阪)
宮代 大聖(川崎F・U-18)
久保 建英(横浜FM)
斉藤 光毅(横浜FCユース)
※阿部海大はケガの谷口栄斗(国士舘大)に代わり追加招集。

▼U-19日本代表メキシコ遠征 試合スケジュール
9月7日(金) 第1戦 U-19日本代表 vs U-19メキシコ代表
9月9日(日) 第2戦 U-19日本代表 vs U-19ブラジル代表
9月11日(火) 第3戦 U-19日本代表 vs U-20クラブ・アメリカ
※会場はすべてメキシコシティーのナショナルトレーニングセンター
※日付は現地時間

▼U-19日本代表メキシコ遠征後のスケジュール
10月8日(月・祝)~10月17日(水) AFC U-19選手権インドネシア2018直前キャンプ
10月18日(木)~11月4日(日) AFC U-19選手権インドネシア2018
※日付は現地時間

This article is a sponsored article by
''.