マラソン理論の基礎を築いたといわれ、多くの五輪メダリストを育てたニュージーランドの伝説的なランニングコーチ、アーサー・リディアード。『リディアードのランニングバイブル』(大修館)は、多くの日本人ランナーに愛読されている。これから12回にわたって、そのリディアードのトレーニング理論をリディアード・ファウンデーションの橋爪伸也氏にひも解いてもらう。
※『ランニングマガジン・クリール』2017年5月号から2018年4月号まで掲載された連載を再構成しました。

扉写真/左端のランニング姿がリディアード。「ジョギングの生みの親」としても今日まで語り継がれている Photo : Lydiard Foundation

名もなき中年男の経験則

 次のストーリーを想像してみてください。

 ある日のこと、中年の靴屋のおじさんが走り始めました。「人間はどれくらい走れるのだろう、中年でも記録(トラック競技)は良くなるのだろうか?」という素朴な疑問を満たすために――。

 当時は、陸上競技の専門書にも「週に50㎞以上も走ると心臓によくない」と書かれていた時代。それでも彼は朝夕問わずに走り続け、走行距離はついに週に200㎞近くにまでなりました。そして走れば走るほど力がみなぎってくることを感じ、40歳に手が届こうかという年齢でも、トラックでの中距離のタイムまで自己記録を更新していきます。

 やがて、そんな彼に興味を示した近所の若者たちが一緒に走るように。そのたった10数名に満たないローカルチーム(自宅が半径20㎞圏内)から、5人が五輪代表となって2人が金メダル、1人が銅メダルを獲得。さらに続く4年間で勲章を次々にコレクションし、果ては世界記録を塗り替えるまでに成長しました。迎えた次の五輪でも金メダル2個、銅メダル1個を手中に収めたのです。

 こうしたおとぎ話のような「サクセスストーリー」が、実は半世紀も昔に南半球の島国、ニュージーランドのオークランド市郊外で本当に起こったのです。この「中年のおじさん」の名前は、アーサー・リディアード。スポーツの指導経験も運動生理学の知識もなく、高校は世界恐慌の影響で中退していました。

 そんな彼が確立したトレーニングこそ、「近代の持久スポーツ・トレーニングの基礎」といわれているのです。日本でもエスビー陸上部の故・中村清監督や、佐倉アスレチック倶楽部の小出義雄監督、そして今や“時の人”でもある青山学院大学の原晋監督らが称賛しているトレーニング法です。

ドロくさい基礎づくり

 速く走るにはどんな練習をしたらいいと思いますか? 速く走るのであれば、やはり速く走る練習をするべきだ、と考えるのが人の常というものでしょう。

 ところが「リディアード法」のトレーニングは、まずは長くゆっくり走るべきだ、と説いています。この、一見矛盾しているかのような理論がその実、「まず有酸素能力の土台を築き上げる」という、生理学的な見地からの基礎の確立においても最も有効なトレーニングだったのです。

 日本陸連では、2020年の東京五輪マラソンでの表彰台を目指してエリート選手を強化育成中ですが、その急先鋒ともいうべきレジェンド、瀬古利彦監督(DeNAランニングクラブ)がこのようなコメントをよく発しています。「ドロくさい基礎づくりの走り込みをすることが大事だ」と。それこそは「有酸素の土台」を意味しています。 

 半世紀昔のトレーニングの主流は、「速く走るために速く走る」という至極単純なものでした。一方、自身の経験に基づくリディアードの方法論は、大きく一線を画すものでした。

 まずは、長くゆっくり走ることで土台を築き上げる。そしてそれから、レースの準備をするためのトレーニング(つまり、速く走るトレーニング)をより多くする。リディアードはこうして、「トレーニングのピラミッド」を確立させたのです(図参照)。いわゆる「ピリオダイゼーション(期分け)」です。

画像: ドロくさい基礎づくり

 情報過多の昨今、ほとんどの長距離ランナーたちが、テンポ走、インターバル、タイムトライアル、ファルトレク(スピードプレイ)といった各種トレーニングを熟知していることと思います。しかし、それらをいつどのように組み合わせ、本番のレース時に体調をピークにもっていくのか。いわゆる「ピーキング」までを理解したり、実践・成功していたりする人はごく少数で、日々の練習メニューは突発的で盲目的、目的も根拠も希薄なケースが大半ではないでしょうか。

 まずは有酸素能力の土台をつくり、その上に徐々に速く走る練習を加え、それらをうまくミックスすることによって本番にピークをもっていく。それがリディアードの奥義です。

どのランナーにもプラス

 今、日本は空前のマラソンブームを迎えています。「私もマラソンを走ってみたい!」と、生まれて初めてランニングシューズを購入しようと考えている人。「次のレースこそ4時間の壁を破りたい!」と願う人。「ド素人の漫画家でも3時間が切れたんだ、俺にもできないはずがない!」と意気込んでいる人…。ランニングやマラソンに喜びや生きがいを感じたり、新たな希望を見いだしたりしているような方々であふれているのではないでしょうか。

 これから解説していくリディアードのトレーニング法は、レベルやタイムに関係なく、ランナーの皆さんのプラスにこそなれ、マイナスになることは決してないといえるものです。

 次回は、リディアードの指導を受けながら、中年の肥満男連中がたった8カ月間で4時間マラソンランナーに進化していったという事実と、その秘密から解明していきたいと思います。     (すべて敬称略)

画像: アーサー・リディアードが存命中の貴重な1枚。左から、ビル・バウワーマン(元オレゴン大監督で、ナイキ創設者の1人)、筆者、リディアード。 Photo : Lydiard Foundation

アーサー・リディアードが存命中の貴重な1枚。左から、ビル・バウワーマン(元オレゴン大監督で、ナイキ創設者の1人)、筆者、リディアード。 Photo : Lydiard Foundation

アーサー・リディアード
1917年ニュージーランド生まれ。2004年12月にアメリカでのランニングクリニック中に急逝。50年代中頃、「リディアード方式」と呼ばれる独自のトレーニング方法を確立した。その方法で指導した選手が、60年ローマ五輪と64年東京五輪で大活躍。心臓病のリハビリに走ることを導入した、ジョギングの生みの親でもある。

筆者/橋爪伸也(はしづめ・のぶや)
三重県津市出身。1980年からアーサー・リディアードに師事。日立陸上部の初代コーチを経て、バルセロナ五輪銅メダリストのロレイン・モラーと「リディアード・ファウンデーション」を設立。2004年以降はリディアード法トレーニングの普及に努めている。現在は米国ミネソタ州在住。

リディアード理論を実践し、自己ベスト更新をサポートする
リディアード・ファウンデーションが提供する最適なマラソントレーニング

This article is a sponsored article by
''.