横浜国立大学41-7東京学芸大学@アミノバイタルフィールド<9月8日(土)>

アメリカンフットボールの関東学生1部リーグBIG8の第1節が行われた。昨年1位の横国大と7位の学芸大の一戦は、ランニングゲームに徹した横国大が圧勝、初戦を勝利で飾った。

画像: タッチダウンを奪い、サイドラインで祝福される横国大RB#41信原健人(撮影:北川直樹)

タッチダウンを奪い、サイドラインで祝福される横国大RB#41信原健人(撮影:北川直樹)

横国大はエースRB#41の信原が12回走136ヤード獲得3タッチダウン(TD)の大活躍で大勝の原動力となった。対する学芸大は、攻守のフロントが劣勢を強いられた。QB#19高橋のパスに勝機を見出したかったが、横国大守備のプレッシャーと早い集まりに苦戦。得点は、第4クオーター(Q)にQB高橋からWR#25宮本へのパスで上げた7点のみとなった。

画像: 学芸大QB#19高橋空良はパスを多投したが、苦戦を強いられた(撮影:北川直樹)

学芸大QB#19高橋空良はパスを多投したが、苦戦を強いられた(撮影:北川直樹)

画像: 横国大主将のLB#59深澤駿が、ハードタックルでファンブルフォース(撮影:北川直樹)

横国大主将のLB#59深澤駿が、ハードタックルでファンブルフォース(撮影:北川直樹)

画像: 横国大圧勝の立役者となった、OL陣(撮影:北川直樹)

横国大圧勝の立役者となった、OL陣(撮影:北川直樹)

【北川直樹】

This article is a sponsored article by
''.