毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は新日本の神戸ピッグマッチのメイン後に起きた大波乱。ジェイ・ホワイトが試合を終えた棚橋、オカダを襲撃。外道と結託して事実上、CHAOSに反旗をひるがえすと共に、棚橋の持つ挑戦権利証の強奪をアピールした一場面となりました。同大会を巻頭カラーから詳報すると共に別府でおこなわれたビッグマッチもタイチのNEVER王座戴冠など中心にリポートします。

今週は月曜が祝日ということもあり注目大会目白押し。可能な限り本誌にも掲載しています。全日本の大阪では「王道トーナメント」決勝がおこなわれ宮原健斗が初優勝。ドラゴンゲートは毎秋恒例大田区ピッグマッチ。メインは吉野正人が正パートナーの土井成樹を破りドリームゲート防衛。スターダム後楽園では「5★STAR GP」優勝決定戦がおこなわれ、デビュー1カ月で決勝進出のスーパールーキー・林下詩美を破った岩谷麻優が初優勝。以上の月曜3大会をリポート。

不定期好評企画「チャンピオンベルトの輝き」第4回は大日本のBJWデスマッチヘビー級王座にスポット。3本のベルトの歴史を振り返り、歴代王者一覧、伊東竜二、山川竜司の歴代王者がインタビューでベルトへのこだわりを語ります。

そのほかなどNOAH今治&米子、DDT後楽園、大日本・佐渡島、W-1新木場、OZ横浜など注目大会リポート。水曜日発売(一部地域は発売日は異なります)。

新日本9・23神戸~東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦◎棚橋弘至VSオカダ・カズチカ「並行する使命」

神戸大会の前日、映画の公開記念舞台挨拶に登壇した棚橋弘至は、制作スタッフからのサプライズを受けて、人目もはばかることなく涙を流した。本職ではない俳優業、それも主演という大役を任されたことの重責は、恐らく周囲が想像している以上の重さがあったのだろう。本人は普段、そのような素振りをほとんど見せないだけに、なおさらその涙には感じ入るものがあった。

映画のPRも兼ねて、最近はテレビでもよく見かけるが、それだけメディア露出が増えれば、おのずと世間と向き合うことも多くなる。プロレスはどれだけ認知されているのか、そしてどれだけ理解されているのか。世の中でプロレスが置かれている状況を人一倍、敏感に察知することができるからこそ、使命感、責任感も強くなっていく。(市川)

詳細は9月26日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています

詳しくは以下のサイトを参照してください。

This article is a sponsored article by
''.