アメリカンフットボールの関東学生1部トップ8は、第3節まで終え、全勝は早稲田大だけ。1敗に4チームがひしめく混戦だ。早稲田と並んで優勝候補だった法政大は、開幕で明治大にアップセットされ思わぬ黒星スタート。負けられない第2節の日体大戦は先発QBに1年生の小田賀優介を起用。小田賀は苦闘しながらもチームを23-10で今季初勝利に導いた。

画像: オプションを操るだけでなく、利き腕とは逆サイドのオプションピッチも器用にこなす非凡さを見せる(撮影:北川直樹)

オプションを操るだけでなく、利き腕とは逆サイドのオプションピッチも器用にこなす非凡さを見せる(撮影:北川直樹)

本人が一番「驚いた」RBからQBへのコンバート

画像: 冷静に守備を見極めて自らスクランブルにも出る。RB出身なので、本格的な走りが持ち味だ(撮影:北川直樹)

冷静に守備を見極めて自らスクランブルにも出る。RB出身なので、本格的な走りが持ち味だ(撮影:北川直樹)

 2000年2月生まれの18歳、小田賀のQBキャリアはようやく半年。QBに転向したのは法政大学に入学してからで、二重の意味でルーキーだ。春、新チームが始動したばかりのある日、クラブハウスに入るとQBのいる場所に連れて行かれたのだという。「まさか自分が QBになるなんて思わなかったし、コンバートされた当初は、本当にやりたくなかった」と話す。

 小田賀のフットボールのルーツは漫画『アイシールド21』だ。5歳のときに読み、幼い心に将来はフットボールをやると決めた小田賀は、小学校5年で法政のジュニアチーム「リトルトマホークス」に入った。中学の3年間は、学校のハンドボール部に所属しながら校外でタッチフットボールをプレーした。RBとWRに加え、TE、LB、P、Kも経験した。法政二高に進学してからは、一貫してRB(FB)をプレーしてきた。

 「RBへの想いは非常に大きいです。RBでNFLの選手を目指したかったです。なれるかどうかは別として」と笑う。『アイシールド21』は今でも読み返すと言う。

謙虚な姿勢と素直さ

画像: プレーの合間に、サイドラインの指示を冷静に確認する(撮影:北川直樹)

プレーの合間に、サイドラインの指示を冷静に確認する(撮影:北川直樹)

 小田賀は今、QBとして法政伝統のオプション攻撃を担う気概に満ちている。器用にパスとオプションからのランを操る姿からは非凡なセンスが感じられ、初心者とは思えない落ち着きも持っている。絶対に負けられないという重圧がかかる日体戦を「楽しめた」と言う、物怖じしない性格が魅力だ。

 今年7月にメキシコで開催されたU19世界選手権で小田賀はRBとして代表に選ばれた。チームの選考段階では、まだRBだったからだ。第3戦のオーストラリア戦では19ヤードのランTDを決めるなど活躍、日本側のゲームMVPにも選ばれた。「とても楽しかった」と振り返る小田賀だが、同時に中学時代にチームメイトだった、日本のQB野沢研(佼成学園でクリスマスボウル連覇、現在は立命館大)の凄さを「改めて実感しました」とも言う。すでに心はQBに切り替わっていたからだ。「QBでもボールを持って走るので、世界選手権で得た刺激やテクニックをチームで少しでも活かせたら」と言う。

 日体大戦では「スナップミスであやうくボールを奪われかけた」と反省しきりだった。「(3年生QBでは)野辺さんは背中で引っ張ってくれるし、勝本さんには高校の頃からすごく世話になっている。日体大に勝てたのは、コーチ、スタッフ、チームメイトみんなのおかげです」と謙虚に語る。

QBとしてチームを率いるには

画像: フルバック出身だけあり、がっちりとした丈夫な体つきも魅力だ(撮影:北川直樹)

フルバック出身だけあり、がっちりとした丈夫な体つきも魅力だ(撮影:北川直樹)

 「チームは、QBとして自分に何の期待も無かったと思います。運動能力も高くないし、特別に頭が良いわけでも無かったので。無理矢理挙げるならRBの走りだと思うので、RBで培ったものを発揮できればいいなと思っていました」と話す小田賀。だが、「まだまだ苦手」というパスをもっと上達しなければチームを率いるQBになれないと自覚している。

 目標とするQBは、去年までのエース馬島臨太郎(現学生コーチ)だ。「パスのタッチが柔らかく、投げどころが良い。足も速くて全部が目標」と言う。

 #21のヒーロー、RB小早川瀬那にあこがれて始めたフットボール。だが「このチームで自分の活躍すべき場所はQB」と気づいた。「スタッフやコーチ、先輩の皆さんに本当に育てていただいています。同期にも支えてもらっています」。だから、今季、少しでも良い成績を残して「支えて下さった人に、ありがとうございます」と言えるようにするつもりだ。

【写真・文/北川直樹】

This article is a sponsored article by
''.