プロレスリングZERO1「ドリームシリーズ 誕生の陣 弾丸戦士・田中将斗デビュー25周年記念大会」★9月30日(日)東京・後楽園ホール(観衆852人)

 1993年7月23日、FMW佐賀大会のリッキー・フジ戦でのデビュー以来、国内外で数々の激闘を繰り広げてきた“弾丸戦士”田中将斗がデビューから25周年を迎えた。

 ホームリングのZERO1でおこなわれた記念試合では、2014年にプロレス大賞で最優秀タッグチーム賞を受賞した杉浦貴との“弾丸ヤンキース”を再結成。関本大介&火野裕士というインディーを代表するパワーファイターを相手に激闘を繰り広げた末に、見事に勝利。

 45歳とは思えないコンディションを見せつけた田中に対し、パートナーの杉浦は「レスラーとしての生きざま、黒さ、全部ボクの見本です。これからも黒さと強さと凄さ、ボクと競り合っていきましょう」と、トレードマークである真っ黒に日焼けしたマッチョボディーを称えた。

 田中は試合後のリングでファンに対して、先月に一般女性と結婚したことをサラッと報告。新妻のお腹にいる第1子の存在も明かして祝福を浴び「(子どもが)声出して応援してくれるくらいまでは頑張りたい」と現役生活の先を見据えていた。

画像: 45歳にしてこのキレキレボディーを誇る田中は現在、ZERO1の頂点に位置する世界ヘビー級王座も保持している

45歳にしてこのキレキレボディーを誇る田中は現在、ZERO1の頂点に位置する世界ヘビー級王座も保持している

試合結果

▼田中将斗25周年記念試合(30分1本勝負)
○田中将斗&杉浦貴(25分29秒、片エビ固め)火野裕士&関本大介●
※スライディングD

%%今大会の詳細は10月3日(水)発売の「週刊プロレス10月17日号(No.1979)」に掲載。
また、週刊プロレスmobile(月額324円)↓↓↓では大会の全試合リポートやバックステージコメントを完全網羅!%%{blue}

This article is a sponsored article by
''.