※大橋会長(右)、父・真吾トレーナーと和やかな会見に臨んだ
写真_本間 暁

『ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)』初戦を兼ねたWBA世界バンタム級タイトルマッチを、衝撃的な初回1分10秒KOで終えた井上尚弥(大橋)が8日、一夜明け会見。
「ダイジェストも含めれば50回くらい」試合映像を見たという尚弥は、「昨日に関してはパーフェクトすぎたかな」と、傷ひとつない笑顔で、左ジャブ&右ストレートの鮮やかなワンツーでのKO劇を振り返った。

 アマチュアキャリア500戦超で、元WBA同級スーパーチャンピオンのファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)は、くせ者サウスポーで、「60秒の中ですごく駆け引きがあった。パヤノは半身がキツくて、距離があって、どう当てていこうか考えていた」(尚弥)

 0コンマ何秒の集積の中、「パヤノが強く入ってきたところに右アッパーを狙ったら、そこで少し勢いが止まった。そこから、外から外からという意識を(パヤノに)持たせて、行けるなっていうタイミングでステップイン」──。

「左足もジャブもだいぶ内側に入れていたので」と、腰を捻り込む、ウェイトのたっぷり乗った打ち方になったものだが、ここでパッとフラッシュバックしたのは、フリオ・セサール・チャベス(もちろんシニア)だ。
 サウスポーを大得意としていたチャベスが、やはり同じようにインサイドに入って右で倒すシーンがあったのだが、似た雰囲気を持っていた試合は、チャンピオン時代のノンタイトルマッチ(誰が相手だったか失念……)でかなり格下の相手だったと記憶している。だが、対して尚弥が実践したのは、相手の距離感を狂わせることに長けたパヤノなのである。
 もう、ただただ平伏するしかない。
 

KOシーンを身振り手振りで丁寧に説明してくれる井上尚弥
写真_本間 暁

 集まった報道陣も、尚弥によるこの述懐を、緊張感をもって拝聴。しかし、これ以外は、入場後のクスッと笑える心境、初お披露目となった明波ちゃん(1歳)とのエピソードなどなど、終始、和やかに進んだ。そのあたりも含めた、「井上尚弥の素顔、表情」は、10月15日(月)発売の『ボクシング・マガジン11月号』に、ボリュームたっぷりの試合レポートとともに掲載するので、どうかお楽しみに!

ゴールデン? ダイヤモンド? プラチナ?すべての価値を全部持ち合わせた右!
写真_本間 暁

文_本間 暁

※『ボクシング・マガジンWEB』では、下記のコラムをはじめ、井上尚弥、チーム井上に関するコラム、レポート等満載! ページをお気に入り登録して、検索してみてください。

This article is a sponsored article by
''.