*上写真=帝拳ジムで国内最後の調整に臨む村田
写真/ボクシング・マガジン

 20日(日本時間21日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスで指名挑戦者ロブ・ブラント(アメリカ)と2度目の防衛戦に臨むWBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太(帝拳)が日本での最終練習を公開した。

 スパーリングではかつて帝拳ジムに所属して日本1位にまでなった総合格闘技パンクラスの三浦広光とグローブを交えた。「朝に検診があって、目を検査した」影響で焦点が合いにくいという村田は、ほとんどマスボクシングに近い形で2ラウンドを終え、日本での練習をクランクアップした。

「スパーは昨日もやっているので問題ありません。最終準備に入って、いつものようにいいときもあれば、悪いときもあったんですが、今はいい状態です。精神的にも落ち着いています。ラスベガスでの試合は3度目になりますから、今さら心配はないですね」

 トレーナーの田中繊大氏も、「1ヵ月前に風邪を引いた影響でスパーリングを始めるのは遅れましたが、全部で70ラウンドとふだんと同じ。調子を含めて何も問題ありません」と太鼓判を押した。

「重心の置きどころ、フォームやスタンスなど技術的なもの、確認しながらの日々でした。今はすべて順調です。あとは現地で最終的な調整をして、試合に臨みたいですね」

 村田は13日に日本を発つ予定。(取材・文=宮崎正博)

村田諒太vsロブ・ブラント戦を独占生中継するDAZNへのリンクはこちら!

This article is a sponsored article by
''.