Xリーグは10月20日から第6節に突入する。上位チーム「スーパー9」は、20・21の両日に試合が組まれており、猛暑の8月25日に開幕して2カ月足らずで、今季レギュラーシーズン最終戦を迎える。第6節注目のカードは5戦全勝同士で激突する、富士通フロンティアーズ対パナソニックインパルスの一戦だ。今季のパナソニックの強さを、第5節のノジマ相模原ライズとの1戦(10月6日、富士通スタジアム川崎)から探った。

パナソニックインパルス○13-7●ノジマ相模原ライズ
(10月6日・富士通スタジアム川崎)

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】試合を通じて力強い走りを見せたパナソニックのRB横田=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】試合を通じて力強い走りを見せたパナソニックのRB横田=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

ロックレイのパスを封じた強力ディフェンス

1年ぶりに見るパナソニックの選手たちは、一段と大きく、強く、そして速く、感じた。

特にDLで、カールトン・ジョーンズ、武田航、アーナー・エアロン・ジェイソンのユニットでは、187センチ120キロの武田が普通サイズに感じるほどで、タテもヨコも大きい選手が揃った。さらに、LBとしてもDLとしてもプレーするデビッド・モトゥが加わったパナソニック守備フロントの破壊力は強烈だった。交代のユニットには、190センチ130キロの油谷凌、立命館からのルーキー大野莞爾らに、スピード派ラッシャーの高山直也も加わり、こちらもまったく気が休まらない。

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】大きく強いパナソニックDL。左からエアロン・ジェイソン、武田、ジョーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】大きく強いパナソニックDL。左からエアロン・ジェイソン、武田、ジョーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

ノジマ相模原のQBジミー・ロックレイは、今季のXリーグでは最もクイックに正確なパスを決めることができるパサーだが、パナソニックディフェンスのプレッシャーに苦しみ、ゲーム開始から4シリーズ続けてオフェンスは3&アウトに終わるありさまだった。ロックレイは5回目のドライブで、ようやくエースWR八木雄平にタッチダウン(TD)パスを決めたが、奪えたTDはこの1本だけだった。

パス123ヤード、成功率40.7%、QBサック分を差し引いたラン18ヤードは、いずれも今季最低の成績。オービックを破り富士通を苦しめたロックレイのパスが、パナソニックディフェンスには、ほぼ通用しなかった。

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】パナソニックのDLエアロン・ジェイソン。192センチ130キロの巨体ながらスピードもある=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】パナソニックのDLエアロン・ジェイソン。192センチ130キロの巨体ながらスピードもある=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

肉体改造、王座奪還と日本代表を目指すRB横田

一方で、ノジマ相模原ディフェンスは、第2クオーター(Q)以降、LBの多彩なブリッツで、パナソニックのQBベンジャミン・アンダーソンを幻惑し、パスをほぼ封じ込めた。

しかしパナソニックは、RB横田惇とアンダーソンのゾーンリードオプションから繰り出すランが出続けた。RB藤本拓弥も含めた3人のランでファーストダウンを11回更新し39回182ヤードを記録した。QBサックによるロスを差し引けばパナソニックのランは200ヤードを超えたことになる。

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】迫るノジマ相模原のグリフィンを背に、突進するパナソニックのRB横田=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】迫るノジマ相模原のグリフィンを背に、突進するパナソニックのRB横田=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

ラン17回117ヤードのRB横田は「今日はいい走りができた」と胸を張った。リードオプションは、釣った1枚のDLの動きを読んで判断するが、「今日は僕の走ったサイドのブロックが良かった」という。第3Qに、インサイドゾーンで39ヤードを走って敵陣に大きく攻め込み、貴重なフィールドゴール(FG)につなげた。「OLがナイスブロックで、パッカーンと大きな穴が開いたので。でもTDまで持っていけなかったのが、まだまだですね」と笑った。

社会人6年目。中央大学では2年生からエースとして活躍、1学年上の末吉智一(早大⇒IBM、2017年で引退)と並んで、学生屈指のパワーランナーとして名を馳せた。176センチ92キロは、数字だけ見れば学生時代とそれほど変わらない。しかし横田がパナソニックに加入した頃と違うのは、優れた米国人選手がどのチームにも在籍するようになったことだ。「日本のフットボールは、以前とは全然レベルが違う。僕らは、今もの凄くトレーニングをしている」と強靭な肉体に改造してきた。

昨年はリーグ戦を全勝で通過し、日本一になった富士通にも唯一勝利しながら、JXBトーナメント準決勝でIBMに敗れ涙をのんだ。「まずは、富士通を倒して、今季必ず王座を奪還する。そして、来年の世界選手権の日本代表も狙う」。エースRBは全勝対決に向けて燃えている。

【写真・文/小座野容斉】

◇パナソニック・荒木延祥監督

Q:勝因は

今日は守備が良かった。プレッシャーをよくかけて、パスカバーもしっかりできていた。(八木のTDは)あれは、難しいところに、向こうのQBが良く決めた。良いところに、良いレシーバーがいて決められた。

Q:ランオフェンスがよく出ていた

OLはウチの看板。向こうに巧く守られた部分もあったが、5対5の状況では優位に立っていた。一番信頼のおけるランナーにボールを託して勝負した。横田は人に強い。変に小細工したりせず、ディフェンスに対してしっかり勝負に行っていた。

Q:序盤の攻防からは、もう少し点差がつくと思ったが

オフェンスがセカンドダウンで苦労したのが課題。セカンドダウンでQBサックされるような場面が多く、サードダウンの超ロングという状況を作ってしまった。OLが1対1でやられたのではなく、アジャストができない部分があった。ライズさんは守備の隊形をいっぱい持っておられるので。今日の一番大きな反省だ。

Q:関東のチームとの対戦が続いているが

関西のチームは、我々を目標にチームを仕上げてきた。それはそれでしんどかったし、鍛えられた。でも、来年(の新トップリーグ)からは、関東とか関西とかもう関係がない。

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイを背後からサックするパナソニックのDLジョーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイを背後からサックするパナソニックのDLジョーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイのパスをインターセプト、一回転しながらしっかりボールを確保したパナソニックのDBバーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイのパスをインターセプト、一回転しながらしっかりボールを確保したパナソニックのDBバーンズ=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイをサックしたパナソニックのDL高山=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のQBロックレイをサックしたパナソニックのDL高山=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

画像: 【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のLB田中のタックルをかわして突進するパナソニックQBアンダーソン=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

【パナソニック vs ノジマ相模原】ノジマ相模原のLB田中のタックルをかわして突進するパナソニックQBアンダーソン=2018年10月6日 撮影 Yosei Kozano

This article is a sponsored article by
''.