■10月16日/キリンチャレンジカップ2018 @埼玉スタジアム2002
 〇日本 4-3 ウルグアイ
  得点:(日)南野拓実2、大迫勇也、堂安律
     (ウ)G・ペレイロ、E・カバーニ、J・ロドリゲス

10月16日、日本代表はキリンチャレンジカップでウルグアイと対戦し、4-3で勝利を収めた。先発フル出場したDF三浦弦太は、失点直結のミスを反省しつつ、確かな手応えもつかんだという。

上写真=反省点も多い一方で、吉田との連係に手応えもつかんだという三浦
写真◎小山真司

ミス直後の堂安の得点に「感謝です」

この日が国際Aマッチ4試合目の三浦は、吉田麻也とCBでコンビを組んで出場。「自分から積極的に声を出していこうと思ったし、良いコミュニケーションを取りながらできた」と振り返ったように、長年にわたり主軸としてプレーする吉田と一緒にプレーするのは初めてながらも、多くの時間帯で良い連係を見せていた。

ただ、攻撃陣の爆発に助けられたとはいえ、3失点は喫しており、「一発で決めきるというか、そんなに多くチャンスは与えなかったですが、それでも決め切られている。最後でやらせないところにこだわっていきたい」と語った。57分には、相手のFWエディンソン・カバーニがゴール前に残っているのに気づかず、GKに下げたバックパスを奪われて2点目を献上。「いると思っていなくて、ああいう形になってしまった。本当に大事な試合だったら、あの失点が試合の流れを変えてしまう」と反省し、2分後のMF堂安律の勝ち越し点を「本当に、本当に感謝です」と喜んだ。

森保監督就任後、3連勝と結果が出ていると同時に、ロシアW杯のメンバー以外の若手の躍動など、チーム全体が多くの収穫を手にしている。ポジション争いも活性化しそうな今後に向けて、三浦は「Jリーグでも自分のプレーを出しつつ、すべてにおいてレベルアップしていければ」と語り、次の11月シリーズ、さらにその後を見据えていた。

取材◎石倉利英

This article is a sponsored article by
''.