※上写真=ボブ・アラム・プロモーター(中央)が、村田(左)のビッグマッチ構想を語った。右は挑戦者ブラント

 10月20日(日本時間21日)にアメリカ・ネバダ州ラスベガスで行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太(帝拳)対ロブ・ブラント(アメリカ)戦のプロモーターの一人、トップランク社のボブ・アラムは、会見後に取材に応じた。

「土曜日にすべてが決まる。村田はスターからスーパースターになる絶好の機会になる」

 50年以上もの実績を誇るビッグプロモーターは、実現が期待されるゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と村田との対戦について可能性を示唆した。

「来年最初の3ヵ月、あるいは4月もありえるかな。ラスベガスでも東京ドームでも対戦はありえる。土曜日の試合の結果と内容次第になるが」

文&写真_宮崎正博

村田諒太vsロブ・ブラント戦を独占生中継するDAZNへのリンクはこちら!

This article is a sponsored article by
''.