上写真/村田vsブラント戦の公式スコア
写真◉ボクシング・マガジン

アメリカ・ネバダ州ラスベガスで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦は、同級3位の指名挑戦者ロブ・ブラント(アメリカ)が、チャンピオンの村田諒太(帝拳)に3―0の判定勝ちで王座を獲得した。村田は2度目の防衛に失敗した。

ネバダ州の三者によるスコアは、119対109が二人、118対110が一人と大差がついた。村田が明白に取ったラウンドは第5ラウンドひとつだった。

This article is a sponsored article by
''.