上写真/インタビューに応じるロマチェンコ。リナレスとの再戦も「ノー・プロブレム」
写真◎ボクシング・マガジン

 村田対ブラント戦が行われたラスベガス・パークシアターに観戦に訪れていたWBA世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、日本の記者たちのインタビューに答えた。世界最短記録の12戦目で3階級制覇を成し遂げ、リングマガジンでパウンド・フォー・パウンド(全階級を通じて)最強の評価を受ける男は、これから先、どこへ向かうのか?

――5月のホルヘ・リナレス戦で肩を負傷したということでしたが、具合はどうですか?

ロマチェンコ「いまはもうまったく問題ありません。いい調子です」

――休養期間はどれくらいでした?

ロマチェンコ「5カ月ほどです。最初の3カ月は肩を動かすこともできませんでしたが、そのあとは新しい練習を取り入れてきました。リハビリの期間は終わり、ジムにもう戻ってトレーニングしています」

――負傷の影響はなさそうでしょうか。

ロマチェンコ「それをチェックするのが、12月8日の試合(ニューヨークでWBO王者ホセ・ペドラサ=プエルトリコ=と統一戦)になります」

――リナレス戦を振り返ってください。

ロマチェンコ「おもしろい試合でした。私にとってたいへん大きく、新しい経験になりました」

――ダウンしたときにはどんなことを感じましたか?

ロマチェンコ「おもしろい感覚でしたね。ダウンしても立ち上がって戦いに戻り、仕上げにかかることができました」

――再戦の可能性は?

ロマチェンコ「もちろんノープロブレムです」

――日本のWBOスーパーフェザー級王者・伊藤雅雪も対戦を希望しています。

ロマチェンコ「もちろんノープロブレムです。彼がナンバーワンのコンテンダーならば、受けますよ。どんな相手にも、私はオープンです」

――12月8日はどんな試合になりますか?

ロマチェンコ「これだけ長いブランクが空きましたから、試合の中でスタイルもメンタルも確かめる必要があるでしょう」

――日本の田中恒成が12戦目での3階級制覇というあなたと同じ記録を達成しました。

ロマチェンコ「そのことは知っています。祝福します。彼は私の記録を抜いたわけではなく、私のやったことを繰り返した、ということ。私がもし彼だったら、それほどハッピーじゃなかったかもしれません」

取材◎宮田有理子

This article is a sponsored article by
''.