毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙はDDT両国ビッグマッチメインのKO-D選手権〈王者〉男色ディーノvs〈挑戦者〉佐々木大輔から、“覚悟の全裸”を見せたディーノに困惑する佐々木という前代未聞の場面となりました。そのほかにも竹下vsCIMA、入江所属ラストマッチ、来夏の無料ビッグマッチ開催発表など内容盛り沢山の両国大会を詳報します。

全日本の横浜文体ビッグマッチは巻頭カラーからお伝え。30分超の大熱戦となった三冠戦は宮原健斗がゼウスを破り3カ月ぶりに王座奪還。そのほかにも世界タッグ、GAORA TV選手権などを中心に横浜ビッグマッチをリポート。

中カラーではプロレス界にはペット好き選手が少なくないといこうとで、「アナタのペット見せてください!」を企画。棚橋弘至、潮﨑豪、岩谷麻優をはじめペット好きレスラー7人が愛してやまないペットへの溺愛ぶりを見せつけます。

新日本では「ジュニアタッグリーグ」が開幕。最注目チームのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン鷹木信悟&BUSHI組のリーグ戦を中心に開幕週は3大会を追跡。内藤哲也の隔週連載でも鷹木について語ってます。

そのほかNOAH横浜、ドラゲー神戸、大日本・新木場、ドラディション後楽園、K-DOJO後楽園、スターダム大阪、アイスリボン仙台など注目大会リポート。水曜日発売(一部地域は発売日は異なります)。

全日本10・21横浜文体~三冠ヘビー戦◎宮原健斗vsゼウス『「最高」の向こう側』

開場時間が近づき、リング上でウォーミングアップをしていた選手たちが控室へ消えていくと、照明が落とされた会場内はしばしの静寂に包まれた。まるで嵐の前の静けさ。

そんななか、リングに向かって特設花道をゆっくり歩く人影が目に入る。ゼウスだった。少し進んでは、よく見ると目を閉じて立ち止まる。

多くのアスリートがそうであるように、試合へのイメージを膨らませていたのだ。ベルトを巻いて入場してから、再び巻いて花道を引き揚げる自分の姿を頭に思い描いていた。(宮尾)

詳細は10月24日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています

詳しくは以下のサイトを参照してください。

This article is a sponsored article by
''.