愛知県・パロマ瑞穂スタジアムで10月19~21日にわたって、U20日本選手権(20歳以下)が開催。女子走幅跳はインターハイ女王の高良彩花(園田学園高3年)が頂点に立ってシーズンを締めくくった。その強さの裏には、勝ち続ける者の葛藤と国体での悔し涙があった。

写真上=U20日本選手権で優勝した高良彩花(写真/椛本結城)

6回すべて6m超えで完勝

画像: すべて6mを超える安定感を見せた高良(写真/中野英聡)

すべて6mを超える安定感を見せた高良(写真/中野英聡)

 女子走幅跳でインターハイ3連覇、日本選手権2連覇を果たしている高良彩花(園田学園高3年・兵庫)が、20歳以下が出場するU20日本選手権でもその強さを発揮した。

 1回目に6m03(+2.3)を跳ぶと、2回目に6m14(+1.1)、3回目に6m20(+1.8)と計ったかのように微調整して距離を伸ばす。さらに、4回目に6m22(+1.7)をマークし、5回目には大会記録(6m30、高松仁美/1993年)に迫る6m29(+1.5)を跳んだ。

 今シーズンの最大目標にしていたのが、自身と中野瞳の持つ6m44の高校記録の更新。最後の6回目も、リズムの良い助走から踏み切ったが6m27(+1.5)と、目標には届かなかった。それでも、その強さに会場から温かな拍手が送られた。

「高校記録を更新する最後のチャンスだったので少し悔しいです。調子も戻ってきていたので、少し記録には期待したのですが……。6m29のときは、悪いクセである空中動作で右脚が上がらず、着地で先に落ちていました。それでも、今までで1、2番目といえる安定感だったので良かったです」

 少しホッとしたように笑顔で振り返った。

勝ち続ける苦悩と国体の涙

画像: 試合中に表情を変えないのはライバルへの配慮と気持ちを切らさないためだという(写真/中野英聡)

試合中に表情を変えないのはライバルへの配慮と気持ちを切らさないためだという(写真/中野英聡)

 高良は中3の全日中優勝、インターハイ3連覇、日本選手権2連覇と、これまで圧倒的な強さを誇ってきた。国際大会でも活躍し、今年6月のアジアジュニアで6m44の高校タイ記録を跳んで金メダルに輝くと、7月のU20世界選手権ではこの種目史上初の銀メダルを獲得した。

 勝ち続けてきたからこそ、苦しみもまた大きかった。3連覇を目指してきたインターハイのあとは「気持ちが切れてしまった」という高良。練習でもこれまでのように身が入らず、なかなか調子を上げられずにいた。テレビの密着ドキュメント取材も、少し距離を置いてもらった。

 そして、2週間前の国体。1、2回目ファウルのあと、3回目も距離を伸ばせず、まさかのトップ8に入れず敗戦してしまい涙を流した。勝って当たり前、自ら記録を常に目指してしまう葛藤と重圧は相当なものだった。だが、高良は再びそこから這い上がる。

「国体は少し重心が後ろになってしまっていたので、助走がなかなか乗っていかなかったんです。ファウルが続いて焦ってしまって、最後も攻められませんでした。その悔しさがあったので、U20に向けて、もう一度頑張ろうと練習してきました」

 気持ちで負けていてはいけない。密着取材も再び受け入れ、戦う姿勢を取り戻した高良は、やはり強かった。

「ずっと勝っているようですが、1年生のときは国体でも中学生に負けていますし、U18日本選手権も9位。結構、負けたのをバネにしているんです」

 悔しさを糧にする力こそ、高良彩花の真骨頂だ。

「1年目でまさかインターハイを勝てると思わなくて、2年目は日本選手権も勝ってビックリの年。今年は不安も大きくて苦しみましたが、国体で負けてからもう一度、日本一になれたので良かった」

 来年は大学に進学して競技を続ける予定。「自己管理をしっかりして、6m50、それ以上を狙えるように頑張ります」。高校新記録=U20日本新記録の6m45以上はお預けとなったが、この悔しさもまたバネにしてU20日本新記録の大ジャンプにつなげるはず。

「苦しい時期、負けたときも声を掛けてくださった方に感謝したいです。自分としては、最高の3年間だったと思います」

“園田”のハチマキを巻き、「いきまーすっ!」と飛び出し、数々の快挙を高校陸上界に刻み続けた157㎝の小さな巨人の3年間は、爽やかに幕を閉じた。

文/向永拓史

画像: 小柄だが大きなケガもなく、ライバル、プレッシャーと戦い続け、勝ち続けた(写真/中野英聡)

小柄だが大きなケガもなく、ライバル、プレッシャーと戦い続け、勝ち続けた(写真/中野英聡)

This article is a sponsored article by
''.