上写真=ルヴァン杯前日練習が行なわれる埼玉スタジアムへと入っていく杉岡
写真◎J.LEAGUE PHOTOS

 ルヴァンカップ決勝を翌日に控え、初優勝を狙う湘南が埼玉スタジアムで前日トレーニングを行なった。報道陣に公開された冒頭15分では、シュート練習やミニゲームなどのメニューをこなした。

「緊張感は少しある」

「やっぱり、素晴らしいスタジアム。いよいよ決勝だな、と」

 埼玉スタジアムでの前日練習を終え、ピッチから降りてきた杉岡大暉は、開口一番にそう話した。ほとんど表情を崩さない20歳だが、さすがに大舞台を前に気持ちが高ぶっているようだ。

「Jリーグのタイトルが懸かった試合なので、正直ちょっと未知な部分はありますね。緊張感は少しあるし、明日は固くなる部分も多少はあると思う」

 杉岡自身は、日の丸を背負って戦った9月のアジア大会決勝をはじめ、市立船橋高校時代にもインターハイなどの決勝を経験しているが、Jリーグ三大タイトルの一つが懸かる試合は初めて。それでも、梅崎司は「若手はみんな肝がすわっているから心配ない」と、杉岡ら20代前半の選手に信頼を置く。

「チームのために、しっかり全力を出してプレーしたい。それに、(決勝戦は)楽しんでやれればいいかなと思います。自信を持ってピッチに入りたい」

 湘南にルヴァンカップ初優勝をもたらすべく、杉岡は決勝でも左サイドを疾走する。

取材◎小林康幸

This article is a sponsored article by
''.