※写真上=14日目、初優勝を決め報道陣を前にガッツポーズの御嶽海。名古屋場所の勝負浴衣は、赤の「YOSHIKAZE」でした
写真:月刊相撲

 酷暑が襲った名古屋場所は、3横綱1大関が不在の中、関脇御嶽海が初の賜盃を手にしました。また、豊山、朝乃山が優勝争いに加わる大活躍を見せるなど、若手の台頭が場所を賑わせました。熱戦に湧いた名古屋場所の取組終了後、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)から帰る関取の浴衣姿を紹介します。

画像: 2度目の敢闘賞を受賞した朝乃山。 同じ高砂一門の北勝富士がお気に入り 写真:月刊相撲

2度目の敢闘賞を受賞した朝乃山。 同じ高砂一門の北勝富士がお気に入り 
写真:月刊相撲

画像: 初の三賞・敢闘賞受賞の豊山は、お好みの反物で 写真:月刊相撲

初の三賞・敢闘賞受賞の豊山は、お好みの反物で
写真:月刊相撲

画像: 遠藤は永谷園とのコラボ浴衣 写真:月刊相撲

遠藤は永谷園とのコラボ浴衣
写真:月刊相撲

画像: 大翔丸は同じ追手風部屋の兄弟子・遠藤と色違いの、遠藤×永谷園コラボ浴衣 写真:月刊相撲

大翔丸は同じ追手風部屋の兄弟子・遠藤と色違いの、遠藤×永谷園コラボ浴衣
写真:月刊相撲

次回は、名古屋場所後編をお届けします。

This article is a sponsored article by
''.