※写真上=2種目で代表入りが濃厚な入江陵介(イトマン東進)
写真◎小倉元司/スイミング・マガジン

 10月27、28日の2日間、東京辰巳国際水泳場(25m)にて開催された第14回世界選手権(25m)の代表選手選考会。各種目で1位に輝いた選手は以下の通り。

 なお、正式な日本代表発表は明日30日の予定。選考は、日本水泳連盟が定めた選考基準記録(国際水泳連盟の定める標準A)が基準となるため、2位以下の選手からも選出される可能性もある。

 世界選手権(25m)は12月11~16日、中国・杭州にて開催される。

 選考会のレポート並びに決勝結果は「スイミング・マガジン12月号」(11月10日発売)にて掲載。

【1位選手】
※○は日本水泳連盟が定めた世界選手権(25m)の選考基準記録(国際水泳連盟の定める標準A)を突破した選手

<男子>
▼50m自由形 ○中村  克(イトマン東進)21.21
▼100m自由形 ○中村  克(イトマン東進)46.56
▼200m自由形  坂田 怜央(イトマンSS)1.45.20
▼400m自由形 ○吉田 冬優(三菱養和SS)3.43.01
▼1500m自由形  南出 大伸(日本体育大)14.56.46
▼50m平泳ぎ ○小関也朱篤(ミキハウス)26.02◎日本新
▼100m平泳ぎ ○小関也朱篤(ミキハウス)56.29◎日本新
▼200m平泳ぎ ○小関也朱篤(ミキハウス)2.02.65
▼50mバタフライ ○川本 武史(TOYOTA)22.49◎日本タイ
▼100mバタフライ ○川本 武史(TOYOTA)49.60◎日本新
▼200mバタフライ ○瀬戸 大也(ANA)1.49.87
▼50m背泳ぎ  桜井 祐輝(富士通)24.04
▼100m背泳ぎ ○入江 陵介(イトマン東進)50.20
▼200m背泳ぎ ○入江 陵介(イトマン東進)1.50.89
▼100m個人メドレー ○藤森 太将(木下グループ)51.96
▼200m個人メドレー ○藤森 太将(木下グループ)1.53.91
▼400m個人メドレー ○瀬戸 大也(ANA)4.01.62

<女子>
▼50m自由形 ○佐藤  綾(新潟医福大職)24.52
▼100m自由形 ○青木 智美(あいおいニッセイ)53.74
▼200m自由形 ○青木 智美(あいおいニッセイ)1.54.77
▼400m自由形 ○五十嵐千尋(T&G)4.02.49
▼800m自由形 ○後藤真由子(Jaked)8.19.58
▼50m平泳ぎ ○寺村 美穂(セントラルスポーツ)30.37
▼100m平泳ぎ ○渡部香生子(JSS立石)1.05.33
▼200m平泳ぎ ○高橋 美帆(ミキハウス)2.19.25
▼50mバタフライ ○相馬 あい(中京大)25.83
▼100mバタフライ ○相馬 あい(中京大)57.18
▼200mバタフライ ○長谷川涼香(東京ドーム)2.05.28
▼50m背泳ぎ ○竹村  幸(イトマンSS)26.28
▼100m背泳ぎ ○諸貫 瑛美(ミキハウス)56.84
▼200m背泳ぎ ○赤瀬紗也香(ANAAS)2.04.15
▼100m個人メドレー ○今井  月(豊川高)58.60
▼200m個人メドレー ○大本 里佳(イトマンSS)2.07.75
▼400m個人メドレー ○高橋 美帆(ミキハウス)4.29.07

構成◎スイミング・マガジン編集部

This article is a sponsored article by
''.