発売開始から2カ月弱。「マルチアングル戦術図解」シリーズが好評だ。全10巻のうち、『バドミントンの戦い方』と『バスケットボールの戦い方~ピック&ロールの視野と状況判断』が9月に刊行。「これまでにない見せ方で、戦術理解に最適」と反響を呼んでいる。

著者は、バドミントンが藤本ホセマリさん、バスケットボールが佐々宜央さん。藤本さんはプロバドミントントレーナーとして、佐々さんはBリーグ・琉球ゴールデンキングスヘッドコーチとして、選手からの高い人望を集めている。
 

どちらの本も立体的な図を使い、さまざまな角度から戦いの局面を切り取って解説している。著者が作図担当者とともに、一番大切なことを、一番わかりやすい視点で紹介したいと、徹底的に作り込んだ。初級者から上級者まで、すべての選手、指導者に届けたい一冊だ。各巻1800円+税。

This article is a sponsored article by
''.