写真上=ミニマム級からミドル級まで12階級の優勝者たち(写真◎菊田義久)

 第75回東日本新人王決勝戦が4日、東京・後楽園ホールで行われ、12階級で優勝が争われた。最優秀選手賞にはフェザー級の峯田光(帝拳)、技能賞にはフライ級の荒川竜平(中野サイトウ)、敢闘賞にはライト級の橘ジョージ(協栄)が選ばれた。各級の試合結果は次の通り。

ミニマム級決勝5回戦

○柴沼 智樹(KG大和)
●岡田 真虎(JB SPORTS)
判定2―0(48対48、48対47×2)

ライトフライ級決勝4回戦

○亀山 大輝(ワタナベ)
●河野 勇太(SRS)
判定3―0(39対36×3)

フライ級決勝5回戦

○荒川 竜平(中野サイトウ)
●太田 憲人(ワタナベ)
TKO3回15秒

スーパーフライ級決勝4回戦

○若木  忍(北海道畠山)
●碇  瑠偉(厚木ワタナベ)
判定3―0(40対36×3)

バンタム級決勝4回戦

○石川 春樹(RK蒲田)
●ビバリー塚田(ワタナベ)
判定2―0(39対36×2、38対38)

スーパーバンタム級決勝4回戦

○三尾谷昴希(帝拳)
●小川 将太(UNITED)
判定2―1(39対38、37対39、39対37)

フェザー級決勝5回戦

○峯田  光(帝拳)
●中村 由樹(輪島功一スポーツ)
TKO1回3分3秒

スーパーフェザー級決勝5回戦

○関島 優作(KG大和)
●鯉渕  健(横浜光)
判定3―0(48対47×3)

ライト級決勝5回戦

○橘ジョージ(協栄)
●山本 祥吾(ワタナベ)
TKO5回1分38秒

スーパーライト級決勝4回戦

△遠藤 健太(帝拳)
△星  大翔(角海老宝石)
引分1―1(38対38、37対39、39対38)
※遠藤の勝者扱い

ウェルター級決勝4回戦

○辻本 純兵(帝拳)
●西川宏次郎(八王子中屋)
TKO2回14秒

ミドル級決勝4回戦

○ワチュク ナアツ(マーベラス)
●石田 智裕(協栄)
判定3―0(39対37、39対36、40対36)

画像: 左から技能賞の荒川、最優秀選手の峯田、敢闘賞の橘(写真◎菊田義久)

左から技能賞の荒川、最優秀選手の峯田、敢闘賞の橘(写真◎菊田義久)

This article is a sponsored article by
''.