社会人アメリカンフットボールのXリーグは11月からポストシーズンに突入、横浜スタジアムで4日、ジャパンXボウル(JXB)トーナメント本戦(準々決勝)に進むチームを決めるワイルドカード(WC)プレイオフ2試合があった。

画像: 【東京ガス vs LIXIL】延長タイブレークの後攻、LIXILフォースダウン1ヤードでQB加藤からTE長谷川を狙ったパスが失敗。歓喜で両拳を突き上げる東京ガスLB安田主将=2018年11月4日 撮影 Yosei Kozano

【東京ガス vs LIXIL】延長タイブレークの後攻、LIXILフォースダウン1ヤードでQB加藤からTE長谷川を狙ったパスが失敗。歓喜で両拳を突き上げる東京ガスLB安田主将=2018年11月4日 撮影 Yosei Kozano

オール三菱17-6アサヒビール
東京ガス14-7LIXIL(延長タイブレーク)

画像: 【オール三菱 vs アサヒビール】アサヒビールを破って、応援席にあいさつするオール三菱の宮田主将=2018年11月4日 撮影 Yosei Kozano

【オール三菱 vs アサヒビール】アサヒビールを破って、応援席にあいさつするオール三菱の宮田主将=2018年11月4日 撮影 Yosei Kozano

オール三菱と東京ガスは、来季スタートする新リーグ「X1スーパー」にも参加が決まった。敗れたアサヒビールとLIXILは来季は下位リーグの「X1エリア」に回る。

レギュラーシーズン9位で下位リーグ落ちが決まっていたアサヒ飲料チャレンジャーズに加え、シルバースター、ディアーズという日本一(ライスボウル優勝)経験を持つ名門3チームが来季は下位リーグでのスタートとなる。

JXBトーナメント8強は、オール三菱は2年連続、東京ガスは初めて。準々決勝は10日に東西の会場で行われ、オール三菱は富士通フロンティアーズと横浜スタジアムで、東京ガスはパナソニックインパルスと神戸市王子スタジアムで、それぞれ対戦する。

This article is a sponsored article by
''.