※写真上=昨年の世界選手権100m背泳ぎ王者の徐嘉余が50m背泳ぎで短水路アジア新をたたき出した
写真◎Getty Images

 11月2~4日の3日間、中国・北京で競泳・ワールドカップ第5戦(短水路/25m)が行なわれ、男子50m背泳ぎで徐嘉余(中国)が22秒70の短水路アジア新をマーク。古賀淳也(第一三共)が2016年に樹立した前記録を0秒11更新した。

 日本勢では12月の世界短水路選手権代表に名を連ねている藤森太将(木下グループ)が個人メドレー3種目でメダルを獲得(100mは銅、200、400mはそれぞれ銀)したほか、砂間敬太(イトマン東進)が100mバタフライで3位、梅本雅之(レッドクイーン)が200mバタフライで2位となり、メダルを手にした。

画像: 藤森はメダルを獲得した3種目以外でも、100、200m平泳ぎで入賞を果たした 写真◎Getty Images

藤森はメダルを獲得した3種目以外でも、100、200m平泳ぎで入賞を果たした
写真◎Getty Images

 ワールドカップの次戦(第6戦)は11月9~11日の3日間、東京辰巳国際水泳場にて行なわれる。

W杯第5戦優勝者と日本選手結果
(日本選手結果は最終結果のみ。予は予選)

【男子】
▼50m自由形
[1]V・モロゾフ(ロシア)20.87
▼100m自由形
[1]V・モロゾフ(ロシア)45.66
▼200m自由形
[1]B・ピエロニ(米国)1.42.65
[予22]梅本 雅之(レッドクイーン)1.52.11
▼400m自由形
[1]季 新 杰(中国)3.40.82
▼1500m自由形
[1]M・ロマンチュク(ウクライナ)14.29.88
▼50m平泳ぎ
[1]K・プリゴダ(ロシア)26.02
[予10]砂間 敬太(イトマン東進)27.32
▼100m平泳ぎ
[1]K・プリゴダ(ロシア)56.61
[6]藤森 太将(木下グループ)57.74
▼200m平泳ぎ
[1]K・プリゴダ(ロシア)2.01.59
[4]藤森 太将(木下グループ)2.03.71
▼50mバタフライ
[1]V・モロゾフ(ロシア)22.27
[予10]砂間 敬太(イトマン東進)23.67
[予13]梅本 雅之(レッドクイーン)23.98
▼100mバタフライ
[1]李 朱 濠(中国)50.74
[3]砂間 敬太(イトマン東進)50.88
[4]梅本 雅之(レッドクイーン)51.25
▼200mバタフライ
[1]李 朱 濠(中国)1.51.94
[2]梅本 雅之(レッドクイーン)1.53.54
▼50m背泳ぎ
[1]徐 嘉 余(中国)22.70
★短水路アジア新
▼100m背泳ぎ
[1]M・ラーキン(豪州)49.97
[6]砂間 敬太(イトマン東進)52.71
▼200m背泳ぎ
[1]徐 嘉 余(中国)1.49.08
▼100m個人メドレー
[1]V・モロゾフ(ロシア)50.84
[3]藤森 太将(木下グループ)51.95
[5]砂間 敬太(イトマン東進)52.97
▼200m個人メドレー
[1]汪   順(中国)1.52.08
[2]藤森 太将(木下グループ)1.53.87
[4]砂間 敬太(イトマン東進)1.54.97
▼400m個人メドレー
[1]D・ベルラスト(ハンガリー)4.04.09
[2]藤森 太将(木下グループ)4.07.36

【女子】
▼50m自由形
[1]R・クロモウィドヨヨ(オランダ)23.48
▼100m自由形
[1]R・クロモウィドヨヨ(オランダ)51.51
▼200m自由形
[1]F・ヘームスケルク(オランダ)1.52.22
▼400m自由形
[1]李 冰 ●(中国)3.59.20
※●=サンズイに吉
▼800m自由形
[1]楊 彩 萍(中国)8.29.05
▼50m平泳ぎ
[1]A・アトキンソン(ジャマイカ)29.16
▼100m平泳ぎ
[1]Y・エフィモワ(ロシア)1.03.09
▼200m平泳ぎ
[1]Y・エフィモワ(ロシア)2.16.98
▼50mバタフライ
[1]S・シェーストレム(スウェーデン)25.03
▼100mバタフライ
[1]S・シェーストレム(スウェーデン)55.58
▼200mバタフライ
[1]K・ホズー(ハンガリー)2.02.88
▼50m背泳ぎ
[1]K・タウサント(オランダ)26.21
▼100m背泳ぎ
[1]M・アサートン(豪州)56.49
▼200m背泳ぎ
[1]M・アサートン(豪州)2.02.02
▼100m個人メドレー
[1]K・ホズー(ハンガリー)57.05
▼200m個人メドレー
[1]K・ホズー(ハンガリー)2.05.25
▼400m個人メドレー
[1]K・ホズー(ハンガリー)4.25.68

【混合】
▼200mフリーリレー
[1]中国1.31.17
▼200mメドレーリレー
[1]中国1.38.69

構成◎スイミング・マガジン編集部

This article is a sponsored article by
''.