アメリカンフットボールの関東学生1部BIG8、第5節の桜美林大学対国士舘大学の試合が、東京都調布のアミノバイタルフィールドで行われ、桜美林大学が残り時間1秒でフィールドゴール(FG)を成功させ、24-21で勝利した。桜美林は5戦全勝、国士舘は3勝2敗となった。

 桜美林は次節で、同じく5戦全勝の東京大学と対戦する。BIG8の1位校は今年に限ってTOP8に自動昇格するため、両校にとって今季一番の大勝負となる。

画像1: 桜美林が劇的な逆転サヨナラ勝ち、国士舘破り全勝守る
関東学生BIG8

桜美林大学○24-21●国士舘大学@アミノバイタルフィールド<11月4日(日)>

画像: 桜美林RB#21石田志門は、30回走り184ヤードを獲得。第5節終了時点でラッシング565ヤード、BIG8の首位に立った(撮影:北川直樹)

桜美林RB#21石田志門は、30回走り184ヤードを獲得。第5節終了時点でラッシング565ヤード、BIG8の首位に立った(撮影:北川直樹)

画像: 第3Q 5:14、国士舘QB#10渡地琢磨がTDを決め、14-7とリードを広げた(撮影:北川直樹)

第3Q 5:14、国士舘QB#10渡地琢磨がTDを決め、14-7とリードを広げた(撮影:北川直樹)

画像: 桜美林の逆転TDランを演出した、OL陣のゾーンブロック。RB石田の走路をタフに切り開いた(撮影:北川直樹)

桜美林の逆転TDランを演出した、OL陣のゾーンブロック。RB石田の走路をタフに切り開いた(撮影:北川直樹)

【北川直樹】

This article is a sponsored article by
''.