※写真上=昭和31年春場所初優勝、紋付袴を用意していなかった朝潮は、廻し姿のままパレード
写真:月刊相撲

 知っているようで知らない大相撲豆知識。戦後の名力士にまつわる四股名の由来や記録などを中心に、Q&A形式でお届けします。
※分冊百科『大相撲名力士風雲録』創刊号から30号に連載した「大相撲クイズ」を編集、毎週月曜日に公開します。

Q 優勝5回のうち春場所を4回制した横綱朝潮。同様に、優勝回数は一ケタながら「春の大阪」を4回制した力士は?

  答えはコチラ!

   ↓   

   ↓ 

   ↓ 

A  北勝海信芳

 通算8回のうち4回、春場所で賜盃を抱きました。保志を名乗っていた関脇時代の昭和61年に初優勝し、翌年大関で連覇。横綱としても平成2、3年と連覇し、2年は小錦、霧島との優勝決定巴戦の激闘を制しています。大阪開催が始まった昭和28年以降、春場所最多優勝は白鵬の7回。続いて大鵬と北の湖の5回、朝潮、北勝海と朝青龍の4回。千代の富士は3回と弟弟子を下回りましたが、九州場所では8連覇を含むV9と圧倒。名古屋場所は白鵬の7回が最多です(平成30年秋場所時点)。

画像: 大阪場所を4回制した北勝海。九重親方(元横綱北の富士)、松山千春らに祝福される 写真:月刊相撲

大阪場所を4回制した北勝海。九重親方(元横綱北の富士)、松山千春らに祝福される
写真:月刊相撲

分冊百科大相撲名力士風雲録第24号「朝潮 松登 琴ケ濱 若羽黒」掲載

This article is a sponsored article by
''.