※ソフトボール・マガジンでは藤田倭選手のコラムを隔月連載中!
写真◎福地和男

 ソフトボール・マガジンでは2018年5月号から、藤田倭選手(太陽誘電)の選手コラム『ヤマトダマシイ』を隔月で掲載しています。その中で好評なのが『教えて!ヤマト』という藤田選手へのQ&Aコーナーです。

『教えて!ヤマト』は連載2回目から始まり、全部で5回を掲載予定です。ソフトボール・マガジンWEBでは、このコーナーを順々に紹介していきたいと思います。今回はその3回目です。

質問(3)どうすれば打てますか?

 素振りではよく振れているのに、打席に立つと空振りばかり。やっと当たっても、弱い内野ゴロになってしまいます。どうしたらいいでしょうか。(中学1年女子)

答え(3)どんなボールがくるか予測し、打席でしっかりボールを見ましょう

 まず、素振りをするときはただ振るだけでなく、打席に入った自分をイメージして振ることが大切です。そして打席では相手ピッチャーのリズムになってしまいがちなので、自分のリズムで打席に入れるかどうかも大事になってきます。では、どうすれば自分のリズムで入れるのかというと、打席に入る前からどんなボールがくるかを予測して準備しておくこと。あとは、打席でしっかりボールを見ること。シンプルだけど、すごく大切なことです。

※内容はソフトボール・マガジン11月号掲載時のものです

 なお、このコーナーでは、藤田選手への投球&打撃に関する質問・疑問を募集しています。詳細はソフトボール・マガジン5月号、7月号、9月号、11月号、2019年1月号の『ヤマトダマシイ』でご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.