中高生の生活の中でもスマートフォンは欠かせないものとなっているが、このことが姿勢の悪化という野球選手にとっての弊害も招いている。野球のスイング動作、投球動作において姿勢はどのような影響があるのか、そして姿勢の悪化によるリスクとは何なのか。福岡ソフトバンクホークスでメディカルトレーナーを務める三森哲司氏にお話しいただいた「パフォーマンス発揮における姿勢の重要性」について、2回にわたってお届けする。

※本記事は、ベースボール・クリニック10月号掲載の「考察! パフォーマンス発揮における姿勢の重要性」を再編集したものです。

※写真上=指先のコントロールにも体幹の安定性が影響している。写真はソフトバンク・千賀滉大
◎写真/ベースボール・クリニック

姿勢の安定が
動作の再現性を高める

 スポーツのパフォーマンスを上げるために、体幹の重要性が広く知られるところとなり、体幹トレーニングに励むチームも少なくない。手足のコントロールの精緻性を高めるためには、その手足が伸びる根元の体幹が安定している必要があるからだ。足で地面を踏み締めてパワーを生み出し、手に持ったバットで高速で動くボールをとらえる打撃も同様、体幹を安定させることが的確にボールをとらえる確率を上げる。

「野球選手は、適切な動作を再現性高く行うことを目標としています。それはスイング動作、投球動作など、野球の直接的なパフォーマンスにおいて、とても重要なことです。体幹など、安定しているべき部分がふらついていては、動くボールを正確にとらえる確率は上がらないからです。

 また、『ボールを遠くへ飛ばす』、『速いボールを投げる』ためにフィジカルトレーニングを行う際にも気をつけたいのが、正しい姿勢、正しい動きで行うことです。姿勢や動きが崩れていては、求める筋肉を適切な場所に効率的につけることができません。
 しかし、ウエートトレーニングなどで負荷がかかった状態では適切なアライメント(関節や骨の配列)を保つことは簡単ではありません。ですから、余計に注意が必要な点です。

 パフォーマンスには筋力などもかかわってきますので、姿勢が改善されることによって求めるパフォーマンスがすぐに達成できるかと言えば、即時的ではないかもしれません」

可動する股関節、胸椎、肩関節
安定性が必要な肩甲骨、骨盤

 動作は安定性と可動性の連動で成り立つもの。安定性は力の発揮や動きをコントロールする基となる。ダイナミックな動きは高い安定性から生じる。

「動きの中で関節を機能的にとらえると、動く個所と固める個所がジグザグに配列されることでスムーズな筋出力がされると考えられています。大まかに見れば、骨盤や肩甲骨は安定性を保ちたい部分で、それに連なる股関節、胸椎、肩関節が可動性を発揮する部分です。

 バッティングは体の回旋運動を伴いますが、その動きはほぼ胸椎の可動性によって生じさせているものです。つまり、胸椎を上下に挟む肩甲骨、骨盤の正しい位置を保たなければ、動きのダイナミズムも精度も上がらないと考えられます。
 ランニング時も体幹を固定させて手足を振ると、きれいで安定したフォームで走れますよね。ムダがないので、それが疲れにくい効率的な動きでもあります。ですから、姿勢を意識する際には骨盤と肩甲骨のポジションを基にするといいと思います」

画像: 可動する股関節、胸椎、肩関節 安定性が必要な肩甲骨、骨盤

【PROFILE】
三森哲司(みもり・てつじ)/福岡ソフトバンクホークスメディカルトレーナー
1978年11月1日生まれ。長野県出身。篠ノ井高ー赤門鍼灸柔整専門学校。2011年より福岡ソフトバンクホークスでトレーナーを務める。

文◎ベースボール・クリニック編集部

This article is a sponsored article by
''.