西日本アメリカンフトボール協会と関西学生連盟は来季から変更される全日本大学選手権西日本トーナメントの概要を発表した。関西リーグ1位は今季までと変わらずシードされ西日本代表校決定戦へ進む。

 その西日本代表校決定戦へは、
−1− 九州/北陸を勝ち上がったチームが関西2位と、
−2− 中四国/東海を勝ち上がったチームが関西3位と、
試合を行い、それぞれの勝ち上がったチームが関西1位との挑戦権をかけた試合を行う。

 この枠組みで来年2019年から2021年までの3年間、西日本王座を決めるトーナメントを行う。

画像: 関西3位にも甲子園ボウルへの可能性。
全日本大学西日本トーナメントが変更

写真:2018年12月2日(日)に行われた【全日本大学アメリカンフットボール選手権 西日本代表校決定戦】関西学院大学(関西学生リーグ1位) 対 立命館大学(西日本代表校4回戦勝者) 於:吹田市万博記念競技場 撮影:佐藤 誠

This article is a sponsored article by
''.