2018年最後の発行となるスイミング・マガジン1月号が12月11日(火)に発売となりました。

 巻頭特集は、男子平泳ぎのエース、小関也朱篤選手(ミキハウス)の大特集! 2018年シーズンを振り返りながら、来たる2019、そして2020年に向けての抱負を大いに語っていただきました。

 さらに実演講座では、小関選手の平泳ぎを水中撮影、連続写真と本人解説を交えて紹介しています。

 また、テクニカルフォーカスは、英国の若きエース、ダンカン・スコット選手を解説しています。

 大会レポートは11月に3週連続で行なわれたワールドカップ東京大会、池江璃花子選手が100m自由形で日本新をたたき出したKOSUKE KITAJIMA CUP、東京SC招待にイトマン招待と、トップ選手からジュニア世代までの戦いぶりを網羅。

 また、日水連が定めたジュニアエリートB標準突破者が参加したジュニアスーパースイマーズ合宿の模様と練習メニュー、そして日水連指定大会・日本Top 10 & 各学年Top 5のランキングも掲載しています。

「ジュニアクローズアップ」は菖池竜輝選手(コナミ三田)、「ようこそ我がチームへ」はスウィン鷲宮におうかがいしました。

 そして別冊付録「スイミングイベントカレンダー2019」。今年は、文句なしの活躍を見せた池江璃花子選手が表紙となっています。

画像: 別冊付録の表紙周りです

別冊付録の表紙周りです

 師走でバタバタしていると思いますが、書店にGo ! 時間のない方は弊社販売部、または以下よりご購入ください。

This article is a sponsored article by
''.