小学生フットボール日本一を決めるジュニア(小学生)アメリカンフットボール日本選手権チェスナットボウル決勝は、12月23日(日)、大阪府吹田市のエキスポフラッシュフィールドで、連覇を狙う池田ワイルドボアーズと2年ぶりの2回目優勝を狙うOSAKAマーヴィーズが対戦した。

上の写真:池田QB長澤がWR山元へ47ヤード先制TDパスを投じる 撮影:佐藤 誠

 両チーム守備陣が奮闘し、0-0のまま4クォーター残り1分まで試合が進み、池田の攻撃。池田はクォーターバック長澤からワイドレシーバー山元へ47ヤードタッチダウンパスが通り先制。直後のOSAKAの攻撃を抑え、8-0で勝利した。

画像: 池田WR山元がQB長澤から47ヤード先制TDパスをレシーブ 撮影:佐藤 誠

池田WR山元がQB長澤から47ヤード先制TDパスをレシーブ 撮影:佐藤 誠

ジュニア(小学生)アメリカンフットボール日本選手権
【ピーウィー第31回チェスナットボウル】
2018年12月23日(日) @吹田市エキスポフラッシュフィールド
池田ワイルドボアーズ 8-0 OSAKAマーヴィーズ

画像: 池田守備はOSAKAの猛攻をしのぎ完封、最後のシリーズでQBサックする池田DL西井 撮影:佐藤 誠

池田守備はOSAKAの猛攻をしのぎ完封、最後のシリーズでQBサックする池田DL西井 撮影:佐藤 誠

This article is a sponsored article by
''.