上写真=前回大会は終了間際の失点で前橋育英に惜敗した流経大柏。2回目の優勝に向けて意気込む
写真◎Getty Images

 第97回全国高校サッカー選手権大会が12月30日に開幕する。全国から集う48校による熱戦の火ぶたが切って落とされる。
 ここでは、トーナメント表の1回戦から準々決勝までのブロックをA~Dの4つに分けて展望する。今回は1回戦から準々決勝までフクダ電子アリーナと柏の葉公園総合競技場にて試合が行なわれるDブロックを展望する。

四中工は監督の有終の美を飾るか

【第97回全国高校サッカー選手権】1、2回戦の全対戦カードはこちら!

 流経大柏(千葉)、星稜(石川)、四日市中央工(三重)、富山一(富山)と、過去の優勝チームが居並ぶのがDブロックだ。

 その中でも昨年度準優勝、今年度もプレミアリーグEASTで4位と上位を争い、予選ではタレントの揃う宿敵・市立船橋を下してきた流経大柏は総合力が高い。昨年度から大幅にメンバーが入れ替わり、インターハイ出場を逃すなど夏までは苦戦した。それでも豊富な人材を生かし、CB関川郁万(3年)を中心とした堅いディフェンスが復活。攻撃でもトップの左部開斗(3年)を基準点に、得点感覚に優れるMF熊澤和希(3年)の決定力を生かして勝ち切れるチームになっている。

 2014年度に初優勝を果たした星稜は、16年度は17年ぶりに予選で敗退し、昨年度は復活したものの2回戦で敗退。1回戦で当たる50年ぶり出場の関西学院(兵庫)も侮れないが、そこを勝ち上がれば明秀日立(茨城)と、昨年度に続き再び2回戦で対戦する可能性もある。

 明秀日立はCB高嶋修也(3年)、FW津村夢人(3年)を中心に昨年度以上の力をつけ、ベスト8まで勝ち上がった前回を超えるべく意気込む。

 四日市中央工は今年度、地元・三重開催で2つの出場枠がありながらもインターハイで予選敗退の屈辱を味わったが、その後の奮起でチームが成長した。松本入りが内定しているキャプテンの山本龍平(3年)を中心とした守備、俊足の和田彩起(2年)、森夢真(2年)などタレントが揃う攻撃とも全国レベル。今年度で勇退が決まっている樋口士郎監督の采配と、選手たちの感謝の気持ちで、プラスアルファの力が発揮されれば面白い存在となりそうだ。

文◎国吉好弘

Dブロックの1、2回戦対戦

【1回戦】12月31日

▼千葉・フクアリ
秋田商(秋田) vs 四日市中央工(三重)
富山一(富山) vs 西京(山口)
 
▼千葉・柏の葉
明秀日立(茨城) vs 大阪学院大高(大阪)
星稜(石川) vs 関西学院(兵庫)
 

【2回戦】1月2日

▼千葉・フクアリ
徳島市立(徳島) vs 流通経済大柏(千葉)
羽黒(山形) vs 龍谷(佐賀)
 
▼千葉・柏の葉
(明秀日立vs大阪学院大の勝者) vs (星稜vs関西学院の勝者)
(富山一vs西京の勝者) vs (秋田商vs四日市中央工の勝者)

※各会場とも上の対戦カードが第1試合(12時5分試合開始)、下が第2試合(14時10分試合開始)。

This article is a sponsored article by
''.