上写真=今大会注目GKの東福岡・松田
写真◎サッカーマガジン

 12月30日に、東京・駒沢陸上競技場で開幕する第97回全国高校サッカー選手権大会。今大会での活躍が期待される注目選手をポジションごとに紹介する。今回はチームの砦となるGK編。

大阪の初出場校を支える長身GK

【第97回全国高校サッカー選手権】1、2回戦の全対戦カードはこちら!

 今大会ナンバーワンGKとの呼び声も高いのが、東福岡(福岡)の松田亮(3年)だ。186センチの長身と、類稀な身体能力を生かしたセービング技術は世代屈指。キックの精度も高く、総合的にハイレベルな能力を持つ。2年生のときから名門校の正GKを務めており、経験値も十分だ。

 松田と同じく186センチの高身長を持つのが、初出場の大阪学院大高(大阪)の守護神・梅田陸空(3年)。ハイボールへの対応はピカイチで、小野原明男監督からの信頼も厚い。

 他には、抜群のシュートストップ技術を持つ日章学園(宮崎)の小原司(3年)、守備範囲の広さとキックの精度を武器とする青森山田(青森)の飯田雅浩(3年)にも注目したい。

This article is a sponsored article by
''.