上写真=練習試合でゴールをあげた伊東純也(写真◎矢野寿明)

 12月30日、アジアカップに向けて国内合宿中の日本代表は、流通経済大と35分ハーフの練習試合を行なった(結果は2-0)。前後半ともサポートメンバーも加えたチームで臨み、選手のコンディション調整に努めた。

「いいトライをしてくれた」(森保監督)

 1月5日に開幕するアジアカップに向けて、26日から千葉県内で行なってきた合宿は、この日が最終日。流通経済大を迎え、35分ハーフの練習試合を実施した。今回の試合は『調整』の意味合いが強いもの。12月上旬にリーグ戦を終えている国内組と天皇杯をプレーした国内組、さらに直前までリーグ戦を戦ってきた海外組と、合宿に参加している選手の状態がバラバラであり、コンディションを整えることが合宿の大きなテーマだったからだ。

 試合を終えた森保一監督は以下のようにコメントしている。

「まだまだボールフィリングを高めていくとか、フィジカルのコンディションを上げていくとか、そういうことが(必要だと)見受けられる試合でしたけど、その途中で今できることを、選手たちはいいトライをしてくれたなと思います。(コンディションのばらつきについて)今日はトレーニングパートナーも(メンバーに)入れていますし、国内組も自主トレはしていましたけど、2週3週はゲームから離れている選手がほとんどでした。そしてヨーロッパ組はシーズン途中で良いコンディションだと。そういう中で、(選手を)シャッフルした中でやっていく、各年代の選手たちを融合しながらやっていくというのは、コンビネーションを取れる練習をしているわけではないですけど、選手たちはうまくいかなくても、一緒にやっていくという意識をもって試合を通してプレーしたので、それだけでも良かったかなと思います。
(試合の狙いについて)まずは一人一人のコンディションを上げることが、アジアカップに向けて大切なことなので、意識して、考えて動くということを伝えました。トレーニングパートナーがいて、コンディションにばらつきのあるチームですけど、その中で、ミスが起こったとしても続けてやっていこうということを選手には伝えました。選手たちも、その点を続けながらやってくれたと思います。
(現地UAEに入ってからのトレーニングの狙いは?)まずはさらに個々のコンディションを上げていくということ。チームとしての連係連動を高めていくということはやっていければと思います」

 この日も合流したばかりの遠藤航、冨安健洋は別メニューで調整。右臀部を打撲している大迫勇也も試合には参加せず、調整に努めた。また、吉田麻也や武藤嘉紀、中島翔哉らはUAE入りしてからの合流となる。今回の合宿は特に国内組の状態を上げることに重きが置かれていた。その中では、この日の試合においてスピードに乗った突破で存在感を示し、先制点も記録した伊東純也の好調ぶりが目を引いた(2点目はサポートメンバーの三笘薫=筑波大)。

アジアカップは全選手で臨む

 過去に4度アジアの頂点に立っている日本だが、いずれの大会でもレギュラーではない選手が出番を得た試合で活躍し、決定的な仕事をやってのけている。2011年大会で言えば、李忠成や細貝萌、伊野波雅彦らがそうだった。日替わりでヒーローが現れ、チームは勝ち上がっていった。
 伊東が好調を維持し、森保ジャパンの金看板になりつつある中島翔哉、南野拓実、堂安律の2列目の3人に割って入るような存在になることはチームのレベルアップという点で大きなプラスだ。言うまでもなく出番を得たときに輝き得る存在が多いに越したことはない。

「固定した11人の選手だけで7試合戦えると思っていませんし、チーム全体としてコンディションも上げながら、一戦一戦、成長しながら戦えればと思っています。チームとして総力戦で戦って初めて優勝をつかみ取れると思いますので、そこはアジアカップに選ばれた選手全員で一戦一戦ものにしていくために、チーム一丸となって戦っていくということと、個の成長がそこにはなければいけないと思っています」

 森保監督が言うように、アジアカップは総力戦。すべての選手にチャンスがあり、すべての選手の力が必要になる。

 日本代表はこの日、いったん解散した後、1月2日に再び集合して決戦の地UAEに飛び立つ。9日に行なわれる初戦のトルクメニスタン戦まで、あと10日となった。

35分ハーフで行なわれた練習試合のメンバーは以下の通り。
■1本目
GK東口順昭(→シュミット・ダニエル)、DF酒井宏樹、菅原由勢、槙野智章、佐々木翔、MF青山敏弘、柴崎岳、伊東純也、南野拓実、三笘薫、FW上田綺世
■2本目
GKシュミット・ダニエル(→権田修一)、DF室屋成、三浦弦太、小林友希、長友佑都、MF守田英正、菅原由勢、堂安律、旗手怜央、原口元気、FW北川航也

得点者:(日)伊東純也(11分)、三笘薫(29分)

取材◎佐藤 景 写真◎矢野寿明

This article is a sponsored article by
''.