上写真=仙台育英は三田⑧のゴールなどで一条を下した
写真◎中島光明

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(東京・駒沢)
仙台育英(宮城) 4-2 一条(奈良)
得点者=(宮)今野太勢2、柳生雄哉、三田大史 (一)岩本涼太、松山知樹

前半のゴールラッシュで決着

 仙台育英が前半のゴールラッシュで勝利をつかんだ。14分にセットプレーのチャンスからDF今野太勢がヘッドで決めて先制すると、24分にも今野がPKを決めて2点目。勢いは止まらず、直後の25分に加点すると、36分には4点目を決め、大量リードを奪って前半を終えた。一条は47分にMF岩本涼太、67分にMF松山知樹が決めて追いすがったものの、ビハインドをはね返すには至らず。前半の大量リードを守った仙台育英が、2年連続となる1回戦突破を果たした。

This article is a sponsored article by
''.