上写真=晴山⑪が後半早々にハットトリックを達成し、帝京長岡が6得点で快勝した
写真◎菅原淳

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(埼玉・浦和駒場)
帝京長岡(新潟) 6-0 高知西(高知)
得点者:(帝)谷内田哲平、晴山岬3、冬至直人、礒貝飛那大

帝京長岡のパスワーク炸裂

 試合序盤から、ペースを握ったのは帝京長岡だった。高い技術でパスワークを構築し、12分には早くも先制点を奪う。その6分後には、カウンターを繰り出し、晴山岬が追加点を奪った。高知西は後半から布陣を4-1-4-1へと変更して守備から立て直そうとするが、帝京長岡は晴山が46分までにハットトリックを達成。計21本のシュートで圧倒した帝京長岡が、大勝で2回戦へと進んだ。

This article is a sponsored article by
''.