上写真=旭川実が終始冷静にゲームを進め、2回戦へと駒を進めた
写真◎菅原淳

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(埼玉・浦和駒場)
旭川実(北海道) 2-0 和歌山北(和歌山)
得点者:(旭)山内陸2

山内が2ゴール

 ともに4-4-2の布陣でスタートした対戦で、旭川実はサイドアタックやロングボールをうまく絡めて試合を進める。和歌山北はしっかりと3ラインを敷き、プレスを仕掛けてリズムを引き寄せようとする。すると33分、旭川実がゴール前へボールを運ぶと、山内陸がこれをしっかり決めて先制。後半に入り和歌山北は前線からのプレスを強めるが、旭川実はロングボールを増やしていく。ペースをつかんだ旭川実は、ロングスローから追加点を押し込み、流れをしっかりとつかんだ。守備陣も堅固な旭川実が2年連続で初戦を突破した。

This article is a sponsored article by
''.