上写真=ハットトリックを達成した岡山学芸館の永田
写真◎小山真司

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(東京・西が丘)
 遠野(岩手) 0-4 岡山学芸館(岡山)
 得点者:(岡)岡田知也、永田一真3

2度目の選手権で初勝利

 岡山学芸館は前半に2点、後半に2点と合計4ゴールを重ねる理想的な展開でネクストステージ進出を決めた。まずは前半10分、上山拳史郎の左CKを岡田知也がヘディングで合わせて先制。その1分後にはカウンター攻撃を仕掛け、最後は永田一真が相手DFをかわして左足でゴールを挙げた。
 遠野も鋭いサイド攻撃を繰り出し、反撃を試みたものの、岡山学芸館の守備を崩すまでには至らず。後半に入ると、岡山学芸館のナンバー10を背負うキャプテン永田がいっそう輝きを増す。
 50分に鶴海翔大のパスをゴール前で受け、今度は右足でネットを揺らすと、70分には伊藤柊都の右からのクロスに合わせてニアサイドに飛び込み、頭でコースを変えて得点を記録した。
 永田は左足、右足、そして頭と、異なるシュートパターンでハットトリックを達成。エースの活躍もあり、岡山学芸館は2度目の選手権出場で記念すべき初勝利を挙げた。

This article is a sponsored article by
''.